【おすすめコーデ】親子遠足には何を着るべき?服装とアイテムを紹介 ( 2 )

親子遠足のコーデ、考慮すべきポイント

遠足コーデ

では、こういった園外活動としての遠足に親として参加する際、どういった服装や持ち物が適しているのでしょうか。

動きやすいカジュアルな格好で

まずは、活動しやすい格好であること。親子遠足の行き先は、園外の体験学習施設や野外が想定されます。動きやすくカジュアルな服装が基本と考えておきましょう。

歩きやすく脱ぎ履きしやすい靴

同様に、靴も歩きやすいものを選びましょう。公共交通機関を利用すればそれなりに歩くことが予想されますし、目的地でも歩き回ります。野外では山道など、路面の悪いところを歩く場合もあるでしょう。履き慣れた、足に優しい靴がベストです。

また野外遠足などの場合は、お昼ご飯をレジャーシートの上でとることなどもあるでしょう。脱ぎ履きに手間を取られない靴の方が、便利です。

たくさんの荷物を収納しやすいバッグ

お弁当や水筒、タオルや身の回りのこまごまとしたものなど、親子遠足では荷物が多くなりがちです。大人だけの単独外出なら身軽に出かけることもできますが、子供と一緒に集団行動だと、出先で足りないものがあっても調達は難しいもの。たくさんの荷物を収納でき、さらに軽くて携帯の簡単なバッグを使いましょう。

日焼け対策も怠らず

野外の日差しはあなどれません。特に7~8月の夏期、梅雨前の5月などは紫外線が強くなります。また野外でお昼を取る遠足なら、正午あたりのお昼タイムが最も紫外線量の多い時間帯。当日気にならなくても、後になってから皮膚がひりひり傷んだり、頭痛などの症状が出たりすることもあります。

日焼け止めの使用も大事ですが、帽子や日よけアイテムを上手に使って、なるべく日差しに当たらないように工夫をしましょう。

参考

紫外線に関する質問|気象庁

【おすすめコーデ①】カジュアルウェア

トップス

伸縮性があって着やすく、汚れても簡単に洗えるコットン素材などのTシャツがおすすめです。お母さんであれば、カジュアルなTシャツワンピースもおしゃれ。普段Tシャツは部屋着くらいしか持っていないお父さんなら、ハリと厚みのある素材でしっかりした印象のあるTシャツを数枚用意しておくと、何かと便利です。

ボトムス

ボトムスはパンツスタイルがベスト。ストレッチの利いたデニムや、シンプルなコットンパンツなどがおすすめ。ポケットのたくさんついたカーゴパンツも、便利ではきやすいアイテム。メンズライクな服装が好きなお母さんや、お父さんたちにおすすめです。

アウター

風や肌寒さが予想されるのであれば、コットンやナイロンの軽い羽織りものを持って行きましょう。羽織りものがあると、日差しの強い時に羽織って日焼け対策もできるので、便利です。カジュアルなテイストが好きな人なら、フードのついたパーカーなどがおすすめ。アウトドア系やスポーツ系のウェアは、お父さんたちが取り入れやすいようです。

参考

親子遠足のママの服装|浮かない!動ける!おしゃれコーデを詳しくチェック|Soleil

30代40代の大人女子におすすめの遠足のファッションコーディネート|Niau

目指せおしゃれパパ!イクメン向けファッション講座|TASCLAP

妻からのお願い。夫のNGコーデと理想のイクメンコーデ|TASCLAP

【おすすめコーデ②】靴

スニーカー

歩きやすい靴の代表格がスニーカーです。底にある程度の厚みがあって、衝撃を吸収してくれるものが疲れにくくて楽です。脱ぎ履きのしやすさから考えると、ハイカットよりローカットの方がおすすめ。好みによって、きれいな色や鮮やかな色のものを持っておくと、差し色としても使えます。

スリッポン

軽くて脱ぎ履きしやすいスリッポンも、おすすめの靴です。形がシンプルなので、どんな服装にも合わせやすいところもうれしいポイントです。

参考

親子遠足のママの服装|浮かない!動ける!おしゃれコーデを詳しくチェック|Soleil

目指せおしゃれパパ!イクメン向けファッション講座|TASCLAP