【おすすめコーデ】親子遠足には何を着るべき?服装とアイテムを紹介

子供と一緒に体験学習や野外活動を楽しむ親子遠足。大人になると「遠足」のようなレジャーに出かける機会はありませんから、どんな格好をしたらいいのか悩む人も多いのでは? 保育における遠足の意義や実際の活動内容などをまとめ、参加する際の服装とアイテムを提案します。お父さんたちへ向けてのおすすめアイテムもピックしました。参考にしてみてください。

親子遠足とはどういうもの?

親子遠足の目的とは?

親子遠足は、子供と親が一緒に出かける、保育園や幼稚園の行事です。遠足は保育においては、園施設の外で行われる「園外保育」の一種に位置付けられます。園外保育には散歩など日常的な活動も含まれますが、遠足はその中でも少し特別な、ときに交通機関なども利用して出かける、非日常的な活動です。

論文『保育園の「園外へ歩いて出かける活動」に関する保育家庭編成時の留意点』では、厚生労働省『保育所保育指針解説書』などの資料をもとに、保育園の「園外へ歩いて出かける活動」について、その意義を次のように整理しています。

(…前略)間接経験の機会が増えて実体験が不足しているので, 自然や季節変化に直接かかわったり, 幅広い世代の人々と交流したり様々な文化・伝統に直接触れたりして, 学びの幅を広げることが重要であると考える(後略…)

(引用元:森英子ら(2014年)『保育園の「園外へ歩いて出かける活動」に関する保育家庭編成時の留意点』兵庫教育大学教育実践学論集, 第15号, P101-111

参考

厚生労働省『保育所保育指針解説』(平成30年)

親子遠足はどこに行くの?何をするの?

前出の論文『保育園の「園外へ歩いて出かける活動」に関する保育家庭編成時の留意点』では、園外活動として『保育所保育指針』内で想定されている場所と内容を、次のようにまとめています。

<場所>

①「高齢者施設」「施設等」「公園」「広場」などの公共の場

②「自然」「自然環境の豊かな場所」「野外の自然」など自然環境の豊かな場所

③目的地までの移動経路やコースそのもの

<内容>

①地域の行事への傘下や地域社会との交流

②自然と関わる活動

③散歩

参考

森英子ら(2014年)『保育園の「園外へ歩いて出かける活動」に関する保育家庭編成時の留意点』兵庫教育大学教育実践学論集, 第15号, P101-111

別の論文『園外保育における安全確保体制に関する研究』では、東海地方と北陸地方の公私立保育所354施設にアンケートを行い、園外保育の実際を調査しています。遠足など非日常的活動ではどういったことをしているのか、調査結果から抜き出してみましょう。

動物園や水族館など 79.8%
山や海など 52.6%
公共交通機関の利用 61.4%
宿泊体験 15.1%
運動活動 18.4%
その他の非日常的活動 8.5%

参考
森俊之ら(2013年)『園外保育における安全確保体制に関する研究』保育科学研究,第4巻,P52-60 より作成)

動物園、水族館といった施設、山や海など自然の中が、行き先として多く選ばれていることが分かります。また、公共交通機関を利用する園も、半数を超えるようです。