夜泣きにイライラする!そんなときの対処法と対策とは?

子育て中のママやパパにとって、大きな試練の一つが、「夜泣きに対するイライラ」です。子供にとっては生理現象の一つでもある夜泣きですが、せっかく寝かしつけても夜中に子供が何度も起きてしまうと、親としてはついイライラしがちになってしまいます。今回は、夜泣きのイライラの対処法や、夜泣きへの対策についてご紹介します。

イライラしてしまう夜泣きへの対処法

さっきまですやすやと眠っていた子供が突然泣き出したり、毎晩決まった時刻になると必ず起きて泣いてしまったり……。子供の寝かしつけをする親にとって、子供の夜泣きは精神的にも肉体的にも負担が重なってしまいます。夜泣きは子育ての悩みの中でも、深刻化してしまうケースも多いものといわれていますが、そんなイライラしがちの夜泣きへは、これからご紹介するいくつかの対処法を試してみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんを外へ連れ出す

夜泣きが始まり、赤ちゃんがなかなか泣きやまないときは、一度部屋の外に出て気分転換をしてみるのもおすすめです。ベランダに出て外の空気の変化を感じることで、赤ちゃんが泣きやむこともあるといいます。また、廊下を歩いたりするだけでもイライラが落ち着き、リラックスする効果が期待できます。部屋の中であやすだけでなく、世話をする本人が体を動かすことで、ストレスを発散する効果が期待できるのです。

「近所迷惑になるのでは?」と考え、外へ出ることをためらう方もいますが、中には思い切ってドライブに連れ出し、車の揺れを利用して赤ちゃんを寝かしつける方もいるようです。夜泣きがなかなか落ち着かない場合は、赤ちゃんを抱っこしながら歩いたり、外の空気を吸ってリラックスするなど、気分転換になるように赤ちゃんを外へ連れ出してみましょう。