【幼稚園から大学まで】子供の学費はいくら必要?世代別に紹介!

どれぐらい学費に必要?払えなくなったらどうすればいいの?

子供の進学希望をできるだけかなえてやりたいと思うが親心。しかし、学費は必要です。それぞれの教育機関でどれぐらいの費用が必要か、就学支援制度にはどのようなものがあるのか、などの学費に関するいくつかの項目について説明します。

子育てにおいて必須な学費

子育てにおいて必須の学費
子供を育てるとき、避けて通れないのが学費です。一体どれぐらいかかるか考えたことありますか? よく新聞や雑誌のマネー特集などで計算され、途方もない数字だったりするとめまいがしそうになります。子供が2人、3人に増えると学費も2倍、3倍と膨らみます。学費がかかることはわかっているわけですから、必要なときに慌てるのではなく、計画的に考えておくことが大切です。まずは、教育の一般的な流れから学費を見ていきましょう。

幼稚園から大学までの学費はこんなにかかる!

幼稚園から大学までの学費はこんなにかかる!
学費と一口に言っても、そこにはどんな費用が含まれているのでしょうか? 学費とは、子供が成長する過程で、学校や塾での学習、教育を受けるためにかかる費用のことです。これは国公立か私立かなど、どんな学校に通うかによって、金額に大きな差が出ます。

すべて国公立コース

幼稚園から大学まですべてを国公立に通った場合、大学が文系などであれば、最も費用がかからないといわれています。日本は、小・中学校は義務教育なので、基本的に無償とはいえ、給食費や一部の教材費など費用はかかります。すべて公立・国立に通った場合でも、約1,345万円必要といわれています。

大学だけ私立コース

一般的にはこの進学パターンが多いといわれています。幼稚園から高校までが国公立で、大学だけが私立の場合、私立文系で約1,457万円私立理系で約1,573万円かかるとされています。ただし、同じ私立大学でも、人によっては自宅通学、自宅外通学などの条件が異なるため、金額が大きく変わることがあります。

高校から私立コース

幼稚園から中学校までは国公立で、高校、大学と私立に進学するパターンは地域によっては結構多いかもしれません。幼稚園から中学校までは国公立、高校と大学が私立であるとき、大学が文系の場合は約1,684万円、大学が理系の場合は約1,800万円かかるといわれています。高校から電車通学になると、さらに通学費も必要になります。

中学から私立コース

中学受験を経て中学校から私立に通わせる家庭も相当数あります。その場合の学費は、大学が文系の場合は約1,980万円、大学が理系の場合は約2,096万円かかるようです。この進学ケースの場合、中学受験のための塾代、家庭教師代などかがさむことも考えておく必要があります。