0歳児クラスの運動会!代表的な3つの競技をご紹介!

運動会と言えば、かけっこや玉入れなどが代表的。ただ、まだまだ小さい0歳児の運動会では、どのような競技をするのか分からないという方も多いでしょう。今回は、0歳児クラスの代表的な3つの競技についてご紹介します。0歳児クラスの運動会の競技について知りたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

0歳児クラスの運動会ってどんなことをするの?

まず、0歳児クラスの運動会はどのように進んでいくのか、具体的にご説明します。

競技のほとんどを親と一緒に行う

0歳児クラスの運動会は、競技のほとんどを親と一緒に行います。小さく、動きも少ない0歳児だけでは、できることが限られてしまうもの。0歳児クラスの運動会は、親も子供と一緒に参加する形で競技を行っていきます。子供を抱っこしながら競技に参加する、子供と目線を合わせてスキンシップを取りながら動いていくなど、親子で息を合わせ、子供と一緒に楽しみながら競技に臨みます。

0歳児クラスの運動会では、親も活発に動くことが予想されます。親の服装は、ジーパンにTシャツ、スニーカーなどといった動きやすい格好で参加することが望ましいでしょう。

簡単な競技がメインである

一人でできることの少ない0歳児クラスの運動会では、運動会の競技も簡単な競技がメインとなります。0歳児の子供にとって、目にするものすべてが新鮮であり、0歳児の「はじめて」や「楽しい」という気持ちを一番に優先していくことが競技をする上でも大切なのです。初めての競技に精いっぱいの力で取り組む0歳児のかわいい動きに、会場全体が笑顔に包まれることもあり、0歳児クラスの運動会は、終始和やかなムードで進むようです。

また、競技が簡単なことから、参加する親の事前準備が少ないということも特徴。親にとっては負担が少なく、気軽に競技に参加することができます。

0歳児の見せてくれる笑顔や、頑張って競技に取り組む姿などたくさんの表情や動作を見逃すことなく、目に焼き付け、今しかない0歳児との運動会での貴重な思い出をたくさん作っていきましょう。