子供のわがままの原因は?NGポイント・対処方法を知っておこう!

子供のわがままの原因は?NGポイント・対処方法を知っておこう!

うちの子、わがままでしんどいわ……

子供はわがままなものというイメージがありますが、聞き分けのいい子供もいます。性格の違いと言ってしまえばそこまでですが、実は子供がわがままになる原因は親にあるともいわれています。子供のわがままに悩むパパ、ママに向けて、子供がわがままになる原因とわがままな子供にさせない対処法をご紹介します。

子供がわがままになる4つの原因

子供がわがままになる4つの原因
子供がわがままになってしまう原因はいくつかありますが、そのほとんどが親にあることが多いです。わが子につい甘くなってしまうのはどこの家庭でもあることです。しかし、そのちょっとした油断が子供をわがままにさせ、振る舞いを悪化させてしまうのです。

親が過干渉している

子供のことを思うあまり、過干渉になってしまう親は少なくありません。自分も同じように育ったからといって、何でも親が決めるので子供はやってもらって当たり前となってしまいます。過保護のまま育つと、取り返しのつかないわがまま癖が染みついてしまいます。

親の関心を引きたい

普段は聞き分けがいいのに突然わがままになる場合、考えられるのは親の気を引きたいということです。たとえわがままによって嫌われても、親が自分に関心を持ってくれるという事実に安心するのでどんどんわがままな態度をとるようになります。

わがままはさまざまなシチュエーションで見られますが、弟や妹が生まれて自分だけが親の愛情を独り占めできなくなったときに、親の注目を取り戻そうとしてわがままを言うことがあります。嫌なことがあって落ち込んでいるとき、慰めてほしいときにも現れやすいです。この場合、子供はとても不安定なのでやみくもに叱らず、なぜわがままを言うのか理由を考えて接することが大切です。

体調が良くない

大人でも疲れがたまっているときや、体調がすぐれないときはいい気分ではありません。子供は大人以上に状況を受け入れるのが不得意ですので、親に甘えたい気持ちがわがままとなって現れることがあります。回復すればわがままを言わなくなりますが、季節の変わり目などは子供が体調を崩しやすいので、そうならないよう健康管理に注意することも大切です。

休み明け

夏休みや冬休みなど、長い休みの間は夜ふかししたり朝寝坊したりと、生活リズムが乱れがちです。また、休みなかには出かけることが多く、疲れがたまりやすいです。学校が始まるまでに生活リズムや体調を元に戻しておかないと、急に変えるのは子供にとって大変なことです。休み明けもわがままには気をつけたい時期です。

子供は1日や2日くらいならと油断して、すぐにダラダラとしてしまうので学校が始まっても生活リズムを戻せません。いざ学校が始まると朝起きられなくなる場合もあります。休みの間はゆっくり寝ていられたのに、「なんで学校に行かないといけないの?」「もっと寝ていたい!」と不機嫌になります。ここで仮病を許してしまうと、さぼり癖がつき何度も繰り返すことになってしまいます。

わがままを言う子供にとってNGな3つの態度

わがままを言う子供にとってNGな親の3つの態度
子供がわがままを言うので、一応叱るものの言うことを聞かないので、親がついイラっとしてやってしまうNG行動があります。親も人間ですから仕方ないのですが、ついやってしまいがちな行動が子供をわがままにしてしまうことがあります。親なら覚えておくべき、わがままを言う子供に対するNG行動をご紹介します。

感情だけで怒る

子供が言うことを聞かず、わがままばかり言っていると、つい感情的になってしまい大きな声で怒鳴ってしまう……これはよくある光景です。子供が憎いわけではないのに、あまりにも聞き分けが悪いと親もイライラしてしまうものです。感情を爆発させたくなることだってあります。

しかしこれは1番やってはいけないことです。わがままを言っている理由にもよりますが、親の愛情を確かめたくてわがままを言っている場合は、信頼を失いかねません。短気な人や自分の体調がすぐれないときはちょっとしたことでもイライラしやすいので、感情を爆発させないよう注意しましょう。

叱るのを諦めて向き合うことを放棄する

何度注意しても言うことを聞かずわがままばかり言われたら、親だって嫌になってしまいます。「言っても分からないならもう勝手にしなさい!」と叱るのもばかばかしくなり放棄してしまうこともあるかもしれません。何げなくやってしまいがちな行動ですし、ガミガミと叱りつけるよりもいいのではと考えてしまうこともあるでしょう。でも子供はそのように受け取りません。

見放されたと感じて落ち込む子もいますし、もしくは親が諦めてしまうと自分がまるで勝ったような気になってしまい、ますます調子に乗る可能性もあります。わがままを言うのは親を試していることも多いので、根負けせず徹底的に向き合うことが大切です。万が一でも、子供の信頼を失うとそれを取り戻すのは大変です。

周囲の大人の言うことが矛盾している

お父さんとお母さんの言うこと、おじいちゃんやおばあちゃんが言うことがそれぞれ言うことが違うと、当然子供は混乱します。誰の言うことを聞けばいいか分からなくなってしまうのです。不安定になれば子供もつらいですし、自分でもどうしていいか分からなくなってしまいます。気持ちのやり場がなく、そのモヤモヤにどう対処していいか分からなくなるので、わがままになってしまいます。

大人の言うことで子供を振り回してはいけません。考え方の違いなどもありますが、子供への接し方は家族でよく話し合い統一することが大切です。

わがままを言う子供の対処方法

それでも子供はわがままを言います。そうなったとき親はどう対処すればいいかをご紹介します。

パパ、ママどちらかがフォロー役をする

わがままを言ってばかりでは、親も叱らざるを得ないことになります。しかしパパにもママにも叱られたら、子供は心のよりどころを失います。これでは子供は不安になり精神的にも不安定となり、わがままが悪化する可能性があります。できれば嫌われ役はやりたくないと考えてしまいますが、どちらかが叱ったらどちらかが子供をフォローする役をしましょう。こうすれば叱られても子供はよりどころがあるので安心できます。嫌われたくない場合は、フォロー役の人がなぜ叱ったのかもきちんと説明し、誤解を解いておくようにしてください。

きぜんとした態度で接する

子供はわがままを言って親の出方を見ていることがあります。自分が泣いたりわめいたりすれば親が折れて言うことを聞いてくれると学習してしまうと、どんどんエスカレートします。子供を優位に立たせないよう、どんなにわがままを言って親を困らせてもきぜんとした態度で接しましょう。どんなに泣いてもわめいても「ダメなものはダメ!」と子供に理解させないといけません。一度でも折れると子供は気をよくします。常にきぜんとした態度で接し、いいことと悪いことの区別をつけさせましょう。

我慢したことを褒める

もしも子供がわがままを我慢できたときは、褒めてあげましょう。わがままを聞くよりもはるかに子供のためになりますし、子供も我慢することを覚えられます。何度も繰り返していくと、わがままを言うより我慢する方がいいと学びます。

まとめ:子供のわがままには対処法がある

子供のわがままは、少しくらいならいいだろうと思いがちです。しかしその油断が子供をわがままにしてしまう理由になっていることは少なくありません。誰もがやってしまいがちなことですが、ちょっと意識を変えるだけで子供のわがままに対処できるようになります。すでにわがままになってしまった子供にも、根気よく取り組めば改善は可能です。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部