子供と一緒に作ろう!簡単ですぐにできる鯉のぼりやかぶとの工作方法

5月5日は「こどもの日」です。こどもの日に飾る鯉のぼりには、子供の誕生を祝い、健やかな成長を願う思いが込められています。今年はそんな鯉のぼりを子供と一緒に作ってみませんか? こどもの日に向けて鯉のぼりを作ることで、子供の端午の節句という伝統行事への理解が深まることでしょう。当記事では、さまざまな材料で作る、鯉のぼりの工作方法を紹介します。ぜひ参考にしてください。

家に鯉のぼりの工作方法

紙皿で作る鯉のぼり

紙皿の淵の部分が立体的になっており、ヒレが上手に表現できます。

【材料】
紙皿
はさみ
ペン
接着剤
セロハンテープ

【作り方】

  1. 紙皿を半分に切ります。
  2. 胴体の部分の両端を内側に折り込みます。
  3. ヒレの部分の両端を重ね合わせます。
  4. 胴体とヒレをセロハンテープなどでつなげます。
  5. 色を塗り、目や鱗を描いて装飾します。

トイレットペーパーの芯で作る鯉のぼり

元々筒状になっているトイレットペーパーの芯は、鯉のぼりの工作にぴったりです。

【材料】
トイレットペーパーの芯
色画用紙や折り紙
はさみ
接着剤

【作り方】

  1. トイレットペーパーの上から色画用紙や折り紙を貼ります。
  2. 片方の端を切り、ヒレを作ります。
  3. 色画用紙や折り紙で鱗などを装飾し、ペンなどで目を描きます。

端午の節句のお食事に!鯉のぼりピック

端午の節句の食事は、鯉のぼりピックで彩りましょう。作り方も簡単です。

【材料】
つまようじ
マスキングテープ
はさみ
ペン

【作り方】

  1. つまようじにマスキングテープを貼ります。
  2. マスキングテープの端を三角形に切って、ヒレを作ります。
  3. ペンで目や鱗を描きます。

1 2 3 4