大阪府内の本当に評判が良い通信制高校は?特徴や評判について紹介 ( 2 )

トライ式高等学院 大阪梅田キャンパス

トライ式高等学院は、ハイジのCMで有名な「家庭教師のトライ」が運営している学校です。学校に通うことが難しい学生に対しても、「自宅型」というコースが用意されており、教師やカウンセラーが自宅に来てくれて、授業を行ってくれます。

「家庭教師のトライ」で培ったノウハウを活かして、それぞれに合わせた授業を行ってくれる学校です。

トライ式高等学院の教職員は「教育支援カウンセラー」資格を保有しており、生徒に対するメンタルサポート体制が整っているのが特徴です。また、有名大学校への進学者を多数輩出しており、働きながら大学進学を目指す生徒が大半を占めます。

そして、教員が勉強面のみならずプライベート面で相談に乗ってくれたりと、さまざまなサポート体制が取られており、さまざまな環境で苦労をしてきた学生にとっても、進学を目指しやすい通信制高校です。

トライ式高等学院を卒業した大学生ですが、楽しく学校生活を送れました。先生も親身になってくださる優しい先生が多くて、色々悩みごとが多い時期だったので、相談相手になってくれたことは今でもありがたかったなぁと思い出します。
生徒同士も、クラスがなく先生と生徒のマンツーマン体制ということもあり、無理に仲良くしなくていいので雰囲気もゆるくてよかったです。人間関係で悩むことはほぼありませんでした。(関わろうとしなければほぼ先生以外と話さずいられます)
また、随時参加自由のイベントが開催されるのでそこで親睦を深めることもできます。(私はそこですごく趣味の会う友人と出会えました、進学した今でも連絡をよく取る仲です)
大学受験対策でも、小論文や面接対策もきちんと教えてもらえるので、安心して受験できました。
個人的には、穏やかに通信制高校生活を過ごしたいのならおすすめしたい高校です。

トライ式高等学院は少人数で授業ができ、生徒に親身になってくれる先生がたくさんいるし、学年差があってもみんなフランクで学年の壁も感じないです。最低限礼儀を守っていればうるさく言われなくて先輩からの重いプレッシャーがかかる事もありません。この学校の皆がそんな事を好む性格じゃないし、むしろそれぞれの個性を活かしたり、立場を尊重することを重視します。校則もすごく自由です。学校だからあまりにも常識外れな恰好とかは許されないけれど、充分自由を尊重して学校生活を送らせてもらえていると感じます。

(引用元:トライ式高等学院|みんなの通信制高校プラザ

WILL学園高等部 大阪梅田キャンパス

WILL学園高等部では主に不登校や高校中退で悩んでいる生徒をメインに受け入れている通信制高校です。

不登校の改善率90%の実績がある通信制高校です。そして、自分自身に合ったコースを選択できるように、週に3日あるいは2日登校する選択コースや週2日の通学授業に加え月に2日教師が自宅へ来てくれる特選コースがあります。

また、月に4回教師が自宅に来て勉強をサポートしてくれる住宅(訪問支援)コース、週に4日もしくは、5日通学する総合コースまでさまざまな状況の生徒に対応したコースが準備されています。最初は住宅コースから始めて、慣れてきたら通学回数を増やしてもいいでしょう。

学校の目標である「生徒の居場所を作る」という言葉を実践しているような学校であり、周りの仲間や教師がさまざまな面でサポートをしてくれると評判です。

友達のように接してくれる教師や、通常の学校では味わえないような楽しいイベントを通して、引きこもりがちだった生徒も楽しく学校に通えるようになったケースもあります。また、住宅コースでは勉強はもちろんのこと、教師と一緒にテレビゲームをしたり、テレビやビデオを見たりと本当の友達のような関係を築いてくれると人気があります。

学年で20人もいないからみんな友達みたいで楽しいです。最初はサポート校なんてわけわかんないとこ行くもんかって思ってたけど、学研のサポート校WILL学園は案外普通に塾みたいで楽しい。ボーリング大会とかもあるから先生とも友達みたいです。しかもカップルとかもいる。

高校の頃は家から出ることもできなくて、在宅コースで卒業しました。学研のサポート校WILL学園は俺みたいな生徒にもきちんと対応してくれたので嬉しかったです。授業の時間までに起きれなくて先生を待たせちゃうこととかもあったけど、全然諦めてくれませんでした(笑)いい先生だったなー。

教師に勉強を教えてもらうというよりも、友達と一緒に勉強をするという感覚で楽しく勉強を行い、高校卒業を目指すことができます。

(引用元:WILL学園高等部口コミ評判|みんなの通信制高校プラザ