苦手な鉄棒を克服!逆上がりの練習方法と回転できない理由を解説! ( 2 )

逆上がりの練習方法

逆上がり 練習
逆上がりは練習次第で比較的簡単にできるようになります。ここでは逆上がりの具体的な練習方法について紹介します。

鉄棒にぶら下がって腕力をつける

逆上がりは腕で体を引きつける力が必要です。まずは鉄棒にぶら下がって腕力をつけるトレーニングをしましょう。
ただぶら下がるだけでも効果はありますが、だんご虫のように膝を曲げて体に引きつけ、あごと鉄棒の高さが同じくらいになる高さでキープする方法が効果的です。

頭の上へ繰り返し蹴り上げる

足を頭の上に蹴り上げる感覚を覚えることも肝心です。逆上がり補助器や親の足などを使って行うことができます。親がサポートする場合は、子供の前に立ちます。子供は親の膝を踏み台にするような形で足を上に蹴り上げます。

後ろ回りで感覚を身につける

逆上がりを練習する子供の中には、体を後ろに回すという感覚が分からないというケースもあります。そんなときは後ろ回りの感覚を身につける練習をしましょう。

最も手っ取り早いのが、マットや布団の上で行う「後ろでんぐり返し」です。後ろでんぐり返しを行うことで、後ろ回りの感覚が分かり、体のどこに力を入れたら良いのかということがつかめてきます。

前回りで回転に慣れる

鉄棒に慣れていない子供は、棒を中心にして体が回るという感覚が分かっていません。
逆上がりという目標よりも、体が回るという感覚が分からないので恐怖心を抱いていることもあります。

まずは前回りで体を回すということに慣れるようにしましょう。腰くらいの高さの鉄棒をつかみ、回転する練習がおすすめです。