入学式で男の子が履いていくべき靴は?おすすめを紹介 ( 3 )

入学式の靴選びのポイント

入学式では、体育館や講堂などの屋内で式典が行われることが多いため、靴を選ぶときは着脱のしやすさを考慮して選ぶことが大切です。また、色やデザインについても、派手なものは避けるなど、入学式にふさわしい靴を選ぶようにしましょう。それでは、靴選びのポイントについてそれぞれ詳しくご紹介します。

色やデザインについて

小学校の入学式で男の子が着る服装といえば、ブレザーやスーツなど、フォーマルな装いをするのがほとんどです。服装に合わせて、黒やネイビーなど、暗めの色の靴を選ぶことで、洋服にも上手に合わせることができます。特に色については、一色または二色使いのものがいいでしょう。

デザインが派手な靴を選んでしまうと、せっかくのフォーマルな服装も印象が変わってしまいます。もし革靴やローファーは苦手という方は、フォーマル向けの履きやすいブーツもおすすめです。シンプルなデザインの靴で、晴れ舞台の服装をスタイリッシュに着こなしましょう。

着脱のしやすさも重要

入学式の日は、学校に到着してすぐに、子供は体育館や教室に向かいます。靴を履き替える場面では、必ずしも保護者が一緒にいて手助けできるわけではありませんから、子供だけでも靴の着脱ができるものを選ぶといいでしょう。特に手間がかかりがちなひも靴などはなるべく避けるようにし、ワンタッチで着脱ができるタイプがおすすめです。

外反母趾などのトラブルに注意

入学式の靴は清潔感あるものを選ぶのがいいですが、子供の足の特徴を理解した上で、足に合う靴を選ぶことが大切です。着脱のしやすさだけで選んでも、実は足の形とフィットしていないというケースも考えられます。すでに幼稚園や保育園に通っている時点で子供の外反母趾が始まっているといわれています。足を締め付けていたり、逆にゆるすぎてしまっても、足のトラブルにつながってしまいます。

入学式直前に靴を買うのではなく、できれば何回か履いておき、足の状態を見るのも一つの方法です。大人の靴選びと同様に、子供の靴選びもできれば一度履いてから購入するようにしましょう。

子供の足に合った靴選びで入学式を素敵な思い出に

子供の晴れ舞台である入学式は、服装だけでなく、靴選びも大切なポイントです。靴を選ぶ際は、デザインや色はもちろんですが、子供の足にフィットした靴を選ぶようにしましょう。また、普段靴の着脱を親御さんが手伝っているという場合は、入学式に備えて、子供が自分で靴を履くことができるよう、練習しておくようにしましょう。子供の足に合った靴を選び、入学式を快適に過ごしましょう。

参考
ファーストシューズの選び方をプロが解説! 大切なのは「足の特徴を知る」|ウーマンエキサイト
入学式に履く男の子の靴!スニーカーでもいいの?おすすめ10選 |こそだてハック
何着せる? 入学式の服装:男の子編|ベネッセ教育情報サイト
小学校の入学式!子供もフォーマル靴を買わないとダメ?スニーカーはあり?|JS-CUTE

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。