【不登校の漫画10選】不登校の子供の心理と対策が分かる

子供が何を考えているのか分からないということは、思春期の子供を持つ親なら誰もが一度は頭を悩ます問題です。子供が不登校で部屋に引きこもっている場合は、なおさら子供の心理を知る手立てが欲しいもの。難しい専門書も役立ちますが、漫画ならもっと簡単に子供の心理や対策方法を探ることができます。ここでは、不登校経験者や母親、専門家による不登校に関する漫画10選をご紹介します。

不登校子供の心理がわかるおススメ漫画10選

『学校へ行けない僕と9人の先生』(双葉社)

棚園正一の『学校へ行けない僕と9人の先生』は、小学校から中学校まで不登校だった作者の実体験を元にした作品です。「9人の先生」との出会いをとおして、不登校の子供の気持ちをリアルに描いています。小学校1年生の担任にビンタされたことをきっかけに不登校になった少年が、『ドラゴンボール』の作者・鳥山明に出会い、「自分の世界がある」と絵を褒められたことをきっかけに、長い不登校生活から立ち直っていく物語です。

りゃこの『不登校エッセイ』(pixiv)

りゃこの『不登校エッセイ』は、イラストや漫画を中心としたSNSのPixivに合計8作品公開されています。りゃこは小学校1年生から高校3年生までほとんど不登校でした。学校に行かないことを親に叱られ、気持ちがボロボロになっても学校へ行くよりはましと思ったことや、「学校に行かない自分でも認めてほしい」という切ない思いを、かわいい子供のかっぱの姿をとおして描いています。りゃこは不登校だった過去の自分を救うつもりでこの漫画を描いたと言います。


参考
「不登校エッセイ」/「りゃこ」のシリーズ| pixiv