【中高生向け】長時間使っても疲れないおすすめシャーペン8選! ( 2 )

鉛筆シャープTypeS

鉛筆のような書き心地を実現している鉛筆シャープは、芯の太さが0.7mm、0.9mm、1.3mmと標準的な0.5mmのシャーペンよりも太めです。そのため、はっきりと書きたい場面や紙以外のものに印をつけるときにも便利です。

また、鉛筆と同じようにグリップ部分が六角形なので、鉛筆と同じように手にフィットした握り心地があります。鉛筆の書き心地が好きな人にはおすすめです。

さらに、一般的にはキャップを外して芯を入れますが、キャップはなく上から芯を入れることができます。そのため、キャップの紛失の心配がなく安心です。

グラフギア1000

『グラフギア1000』は、製図・絵描き用でプロに選ばれるシャーペンです。グリップ部分は、ぷにぷにのゴムとざらざらしたローレット加工になっており、汗で滑りずらく、長時間使っても疲れにくい構造になっています。

先端部分が4mmと非常に細くなっており、定規との相性がとても良いです。また、先端の細い部分はクリップの後端をノックすることで収納することができます。

重厚感のあるアルミニウム製の見た目で、重さは20gと重めです。芯の太さは0.3mm、0.4mm、0.5mm、0.7mm、0.9mmの5パターンあり、自分の好きな太さを選ぶことができます。

クルトガ

シャーペンで書き続けていると、芯先が偏って削れるので、線が太くなったり細くなったりしてしまいます。そんな悩みを解消するのが、自動芯回転機構「クルトガエンジン」が搭載された『クルトガ』です。芯が自動で「クル」っと回り、「トガ」り続けるから「クルトガ」です。

そんな『クルトガ』は、芯先を意識して作られた初めてのシャーペンで、いつも同じ太さの芯先で書き続けることができます。線が太くなったり、細くなったりすることにストレスを感じている人にとっては書き心地が良いシャーペンです。

重さは9.8gと軽く、バリエーションも12種類と豊富です。スヌーピーとのコラボバージョンも数量限定で販売されています。

スマッシュ

Amazonのシャープペン売れ筋ランキングNo.1に輝くぺんてるのベストセラー商品です。最大の特徴は、ペン先部分とグリップが1つのパーツでできていることです。そのため、ペン先が緩むことなく、手の力がペン先まで一気に伝わります。

グリップのベース部分はラバーのような質感ですが、実は金属製です。最も手が触れる部分ということで塗装が3層になっています。さらに、ラバーグリップが手にフィットして安定した書き心地を実現してくれます。

重さは13gと軽めです。カラーバリエーションは、スタンダードからのブラック以外にもシックはブラウンやネイビーなどがあります。