男の子の入学式にはどのような靴下をはいていけばいいのかをご紹介 ( 2 )

その他の服装の選び方

ここまで靴下の選び方を中心にご紹介していきましたが、ここからはそれ以外の服装についての選び方についてもご紹介します。先ほどご紹介した靴下との組み合わせにも注意して、ほかの服装の選び方を参考にしてください。

ブレザー

基本的には黒やグレーといったシックな色がおすすめです。少し変わり種としては、茶色のブレザーという選択肢もあります。下に着るシャツは白が定番。白を基調とした柄物もうまく使えるとおしゃれに見えるので、自信のある方は挑戦してみてもいいかもしれません。

ズボン

ズボンの色はブレザーの色に合わせるのが無難です。あえて別の色を使うことでおしゃれに見せることもできますが、悪目立ちしないように気を付ける必要があります。

長さは気温や子供の好みに合わせても大丈夫ですが、おすすめは半ズボン。長いズボンだと、裾を踏んでしまったり、丈を合わせる必要があったりで気にすることが増えてしまいます。また、ズボンを選ぶ際はウエストのサイズにも気を付けましょう。

ネクタイ

ネクタイはエンジが定番です。普通のネクタイのほかに蝶ネクタイという選択肢もあります。ネクタイでは首がしまった感じがして嫌がる子に対しては、蝶ネクタイのほうがいいかもしれません。

ちなみに、ノーネクタイに関しては問題ないという意見も多数ですが、周りは半分以上ネクタイを着用していた、という声もあるので、周りに合わせるならネクタイは着用したほうがいいでしょう。

靴は靴下との組み合わせに関して、最も重要になるアイテムです。入学式の靴としては、革靴か運動靴かの2種類が考えられます。正式な式であることを考えれば、革靴のほうがいいようにも思えます。

しかし、入学式自体は屋内で行われることや、普段慣れていない靴を履かせることになってしまうことから、運動靴で入学式に臨む子供も多いようです。運動靴を選ぶ際は、ズボンや靴下の色と同じ色を選ぶのが無難です。

運動靴であれば靴下と同様、入学後も普段履きとして使えますので、この機会に新しいものを調達するといいでしょう。