仁川学院小学校の特徴とは?学費や倍率、保護者の評判を紹介!

小学校受験には各家庭の教育方針が大きく反映されると言えるでしょう。公立・私立・共学・男子校・女子校。子供をどのように育てたいのか、どのような環境で学ばせるのかという点については、たくさんの情報を収集し、自分たちで取捨選択する必要があります。
当記事では、仁川学院小学校に関する情報をまとめました。学校生活から受験情報までさまざまな面を紹介しているので、ぜひ志望校選定の際の参考にしてください。

仁川学院小学校とは?

仁川学院小学校は1956年に創立された兵庫県西宮市甲東園にある私立小学校です。カトリックの教えを基本とした共学校で、系列校には仁川学院高等学校・中学校、マリアの園幼稚園があります。阪急今津線「甲東園駅」または「仁川駅」より徒歩6分という抜群のアクセスを誇ります。

教育理念

仁川学院小学校では4つの教育環境「探求する心」「愛の心」「自律する心」「たくましい心」を目標とし、指導を行っています。

  • 探求する心:知の教育
  • 愛の心:慈の教育
  • 自立する心:志の教育
  • たくましい心:体の教育

1日の流れ

仁川学院小学校の1日の流れを見てみましょう。

7:30   登校
8:20   朝礼
8:30   授業
10:25  20分休み
12:25  昼休み
15:00  終礼・掃除後下校

(引用元:小学校の一日 学校生活|仁川学院小学校

やはり特徴的なのは宗教朝礼です。8:20からの朝礼は月曜日が宗教朝礼、火曜日から木曜日が学級朝礼、金曜日が児童朝礼となっています。

施設や設備

仁川学院小学校では、子供たちに豊かな教育環境を与えるため、独自の施設や設備を整えています。

  • オープン教室:廊下との壁を取り払い、開放的な空間を実現しています。教室に面したオープンスペースでは、学年を超えた子供同仕の交流が図れます。
  • ラーニングセンター:高学年の読書教育を可能にする蔵書を揃えています。PCを使った学習もできる、小・中・高共用施設です。
  • 室内温水プール:仁川学院小学校では水泳教育にも力を入れています。1年中使用できる室内温水プールを設置し、可動床で水深の調節もできるようになっています。塩素を直接投入せず、水質を自動管理しています。

 

学費

仁川学院小学校の1年間の学費(平成30年度)は以下のようになっています。

(参照元:学費・諸経費 入学案内|仁川学院小学校

また初年度は制服・学用品などの購入のため、上記の金額とは別途100,000円程度必要になります。

仁川学院小学校の教育情報

仁川学院小学校を志望校として検討する場合、やはり気になるのはどのような教育を行っているのかという点です。ここでは仁川学院小学校の教育に関する情報をご紹介します。

学びの特色

仁川学院小学校の教育のスローガンは「互いに理解し、共に生きることのできる人を育てます。」とされています。
「力」「愛」「分別」の3つのカテゴリーを、学年に合ったカリキュラムを組んで実践しています。国際社会でリーダーとして生きていける人材の育成に努めています。

カリキュラム

仁川学院小学校のカリキュラムは非常に特徴的なものばかりです。

  • 教材開発:理数系の担当教員が「子供に身につけさせたい力」をコンセプトに教材の開発を行っています。
  • 教科担任制:小学3年生からは教科担任制を取ることにより、深い学習能力を養います。
  • 宿泊学習:3年生から6年生は毎年宿泊学習があります。
  • 漢字検定:全校児童を対象とし、漢字検定への取り組みを積極的に行っています。語彙力・漢字力の向上に努めています。

国際プログラム

仁川学院小学校はアメリカ・オーストラリアに提携校があります。その提携校とのプログラムでは以下のようなことを行っています。

  • 1年間の長期留学
  • 長期留学生の受け入れ
  • 留学生・団体の本校見学、学校体験プログラム受け入れ
  • 短期訪問の受け入れ
  • 授業をとおしての交流活動

異文化に触れることにより、子供たちがより広い視野が持てるよう、さまざまなプログラムを実践しています。

進学情報

仁川学院小学校の進学状況はどのようになっているのでしょうか? 直近3年間の状況は以下のとおりです。

【共学校】
仁川学院 …………………… 17名
高槻 ………………………… 11名
洛南高等学校附属 ………… 9名
須磨学園 …………………… 3名
【男子校】
甲陽学院 …………………… 17名
六甲 ………………………… 10名
灘 …………………………… 4名
【女子校】
甲南女子 …………………… 7名
神戸海星女子学院 ………… 7名
神戸女学院 ………………… 5名

(引用元:入試要項|仁川学院小学校)

仁川学院小学校の受験情報

仁川学院小学校
仁川学院小学校を受験する際には、受験に関する情報は必須です。ここでは仁川学院小学校の受験情報についてご紹介します。

倍率

直近3年間の倍率は以下のとおりです。


(参照元:仁川学院小学校|お受験じょうほう

募集要項

2019年度の募集要項は以下のようになっています。

  • 募集人数:男・女 計60名(2学級編成)
  • 出願方法:受付への提出及び郵送
  • 入学検定料:20,000円

入試内容

入試内容は以下の4つです。

  • 学習適応検査:観察力・お話の聴取・一般知識・思考
  • 生活適応検査:制作・自由遊びなど
  • 運動能力検査:30m走・徒手体操・スキップ・縄跳びなど
  • 面接(保護者):全保護者対象・5分

仁川学院小学校の評判

仁川学院小学校の評判は、やはり卒業生・在校生の保護者など、実際に仁川学院小学校に関わった人の評価を参考にするべきでしょう。ここでは実際の保護者の口コミをご紹介します。

宿題が少なくて早く帰ってくる

学校の授業はいたって普通。受験対策は塾でするので。
早く帰ってくるのと宿題が少ない(6年夏休みは宿題なし)ことと、周りも受験生なので勉強しててもからかわれないなどなど 上位校目指している子にとっては確かにメリット多いです・・・が、絶対必要な事かといえば微妙ですね。

(引用元:【2670685】仁川学院小学校について|インターエデュ

いじめにしっかりと対応してくれる

いじめの対応は 学校側はきちんとやろうという姿勢は見て取れます。始業式の日もその話がありました。 が、先生の当たり外れ(これは相性の問題かもしれませんが)が実際ありますのでなんとも言えないかも。
素早く的確に介入して頂いてトラブルがぴたっと収まって以後平穏に過ごせた事もありますし、逆に先生が熱心に 介入するものの的外れな対応で嫌~な雰囲気のまま終わった年もありました。

(引用元:【2670685】仁川学院小学校について|インターエデュ

通学中のマナーが悪い

通学中のマナーの事は先生方も気にかけていらっしゃいます。確かに元気すぎる面は否めません。学年が上がるにつれて落ち着いてきてると思いますが・・。

(引用元:【2670685】仁川学院小学校について|インターエデュ

まとめ

仁川学院小学校は特色のある教育を学校が賢明に実現に向けて取り組んでいる学校です。ぜひ学校説明会や行事などに参加し、実際の雰囲気をつかんでみてください。

参考
教育の特色 教育活動|仁川学院小学校
N.BASIS|仁川学院小学校
課外活動 教育活動|仁川学院小学校
カリキュラム 教育活動|仁川学院小学校
国際交流プログラム 学校紹介|仁川学院小学校
年間行事 学校生活|仁川学院小学校
施設・環境 学校生活|仁川学院小学校
小学校の一日 学校生活|仁川学院小学校
入試要項 入学案内|仁川学院小学校
学費・諸経費 入学案内|仁川学院小学校
仁川学院小学校|お受験じょうほう
仁川学院小学校 |小学校受験新聞
仁川学院小学校について(ID:2670685) |インターエデュ

この記事をかいた人

Rie Kato

ライター歴5年・・・まだまだ勉強中のママさんライター。専門学校生と小学生の男の子の育児真っ最中! 保険・転職・子育て・ビジネスマナーなど経験を基にしたジャンルを得意とする。インタビュー記事が書けるようなライターになるのが目標。