東京学芸大学附属竹早小学校の特徴とは?学費や受験内容、評判を解説

教員養成系の大学として知られる東京学芸大学の付属小学校である、東京学芸大学附属竹早小学校。東京に位置し、とても人気のある小学校のうちの一つです。特色ある教育方針も人気の理由の一つのようです。今回はそんな東京学芸大学附属竹早小学校の生活や受験の情報を詳しくご紹介します。

東京学芸大学附属竹早小学校とは?

東京学芸大学附属竹早小学校は国立の小学校です。ここでは基本情報をご紹介します。

基本情報
東京学芸大学附属竹早小学校は東京都文京区小石川にあります。東京メトロ丸の内線「茗荷谷」駅より徒歩12分、東京メトロ南北線「後楽園」駅より徒歩15分、都営地下鉄大江戸線「春日」駅より徒歩15分の立地にあります。

教育方針

東京学芸大学附属竹早小学校では、設立当初から「誠」という校訓を掲げ、その校訓を具体化するために以下のような教育方針を定めています。

「自ら学び,ともに手をとり合い,生活を切り拓く子」の育成
① 明るく元気に取り組む子
② よく考え工夫して学ぶ子
③ いつくしみ合い仲よく助け合う子
④ よい生き方を求め続ける子

(引用元:竹早小学校|東京学芸大学附属竹早小学校

学費

国立である東京学芸大学附属竹早小学校の学費は、意外にもリーズナブルです。

PTA 竹園会入会金 20,000円 ※初年度のみ
PTA会費 19,200円
給食費 55,200円
年間学費 94,400円 ※初年度以降74,400円

 

(参照元:東京学芸大学附属竹早小学校(学校情報)|小学校受験の「お受験じょうほう」