すぐ読める!読書感想文におすすめの本を学年別に紹介

夏休みもそろそろ終盤、気がついたら読書感想文の宿題がまだ終わっていなかった! と慌てるご家庭もあるのではないでしょうか。当記事では、すぐ読める読書感想文におすすめの本をご紹介します。

ページ数だけじゃない!すぐ読める本の特徴とは?

以下は、第64回読書感想文コンクール課題図書のページ数です。

  • 小学低学年 32〜63ページ
  • 小学中学年 34〜136ページ
  • 小学高学年 164〜344ページ
  • 中学生 184〜256ページ
  • 高校生 232〜384ページ

読書感想文の本を選ぶ際は、これらのページ数を参考にできますが、ページ数が少ない方が必ずしもすぐ読めるわけではありません。文字の大きさや文章の簡単さ、写真や挿絵の量なども読むスピードに関係してきます。また、子供がその本に興味を持って読めるかどうかも重要ですので、子供の学年や興味に合った本を選んでみましょう。