鉛筆の削り方とは?芯が折れずにきれいに削る方法を紹介

子供が学校へ通うようになると、鉛筆を使う機会も多くなることでしょう。子供が勉強する習慣を身につける一環としておすすめなのが、鉛筆を自分で削ることです。今回は鉛筆の削り方や手順、削る際に気をつけたいポイントについて紹介します。

鉛筆をカッターで削る前に準備すること

鉛筆を手で削る場合、一般的に使われるのはカッターです。カッターで安全に鉛筆を削るために、まずは以下の前準備をしましょう。

削りかすの受け皿を用意する

鉛筆を削ることで、削りかすが出てきます。そのため、まずは削りかすを受け止める受け皿を用意しておきましょう。子供が鉛筆を削る場合は、ゴミ箱の上などではなく、折り込みチラシや新聞紙、ティッシュなど、掃除がしやすくなるだけでなく、鉛筆を削るスペースが広く使えるような受け皿を準備しましょう。

カッターを用意する

鉛筆を削る方法には、カッター以外にも電動式の鉛筆削りもあります。しかし、カッターを使って右手と左手を上手に使いながら鉛筆を削る動作は、子供の脳の発達の促進にも役立てることができます。また指を使った細かい動作を覚えることで、子供の自信や刺激にもつながるでしょう。

鉛筆削りに使用するカッターは、100円ショップなどで売っているものでもいいですが、握りやすく、切れやすいものを選ぶようにしましょう。子供用カッターを使うという方法もありますが、鉛筆をしっかりと削るためには、通常のカッターの方が削りやすいかもしれません。

削るときの持ち方を確認する

いきなりカッターと鉛筆を用意しても、すぐに削ることができるわけではありません。けがをしないように安全に鉛筆を削るためにも、鉛筆を削るときの持ち方について確認しましょう。基本的な持ち方としては、まずは利き手にカッターを持ち、反対の手で鉛筆を持ちます。

鉛筆は軽く握りるようにし、鉛筆を持っている手の親指をカッターの刃の背の部分に沿うようにし、カッターではなく鉛筆を動かしながら削っていきます。鉛筆を動かすときは、中指・薬指・小指の力を使いながら、少しずつ鉛筆をスライドさせていくようにしましょう。

鉛筆を削る手順

それでは、鉛筆を削る手順について、具体的に紹介します。鉛筆は基本的には6角形のタイプが多いものです。最初はそれぞれの面を大まかに削るようにし、徐々に整えていく方法で削るのがいいでしょう。

1.最初は浅く削る

まずは、切りたい面にカッターの刃を合わせたら、軽く削っていきます。最初は浅く削るようにし、徐々に力をいれていくようにしましょう。削っていくと、三角形の断面が出来上がりますので、さらに次の面を削り、同じように削っていきます。深く削りすぎないよう意識しながら削ってみましょう。

6面全部削り終わると、削った断面が5角形になります。6面が全部同じ形の五角形になるように、微調整しましょう。

2.削った断面を深く削っていく

次に、鉛筆の芯をしっかりと露出させるために、各面をそれぞれ深く削っていきます。力の入れ具合は常に一定になるように意識し、削りすぎないように注意しながら慎重に進めていきましょう。芯が見えてきたら、芯が1センチほど出るように整えたところで、あとは仕上げの作業になります。

3.芯が見えてきたら整えていく

鉛筆の芯は、約1センチほどがベストといわれていますが、削っている鉛筆の芯の固さによっては、芯が折れやすくなってしまうこともあるため、1センチ弱くらいにしておくのがいいでしょう。芯の長さが決まったら、次は芯をカッターナイフを使ってとがらせるように削っていきます。

カッターナイフではなく、引き続き鉛筆を動かすことを意識しながら、芯の全体が平均的に削られるまで整えていきます。力を入れすぎると芯が折れてしまい、また削り直しになってしまいますので、力は入れすぎずに削るようにしましょう。逆に、芯を長く出したい場合は、木の部分を削りながら調整しましょう。

削るときの注意点

鉛筆をカッターで削るときは、カッターの刃を使って上手に削ることが求められますが、子供が鉛筆を削る場合は、力の加減が分からなかったり、上手く削れないこともあるかもしれません。鉛筆を削る際は必ず親子で一緒に削るようにし、刃で手を傷つけないよう注意しましょう。また、鉛筆を削る手順においては、特に以下の点に気をつけ、未就学児の小さな子供は、子供用の手動式の鉛筆削りを活用する方法も考えてみましょう。

深く削ると芯が折れてしまう

鉛筆を削る際は、当然ながら力の加減によってはすぐに芯が折れてしまうことも考えられます。力を入れすぎてしまうと、芯にすぐに到達してしまいますので、浅く少しずつ削るようにし、状態を確かめながら削りましょう。

カッターの目切れやすさをあらかじめ確認する

鉛筆を削るカッターは、家庭にあるものでも大丈夫ですが、切れやすさを事前に確認するようにしましょう。もしカッターの刃がさびついている場合は、刃を交換するなどするのがいいでしょう。カッターの刃はステンレス材やセラミック製、炭素工具鋼と呼ばれるSK材などがありますが、SK材は金属の種類によっては錆びやすいという欠点がありますので、錆びが気になる方はステンレス材を選ぶのがおすすめです。

小さな子供は手動式や電動式を使って削る

小学校入学前の子供で、まだカッターの扱いが不安という場合は、手動式や電動式の鉛筆削りを使うのがおすすめです。電動式の場合は芯が鋭利になりすぎない無駄削り防止機能が付いているものや、安全機能が付いているタイプがいいでしょう。また、芯のとがり具合を選ぶことができたり、鉛筆の太さや芯の固さ、形状の違いにも対応できる鉛筆削りなら、小学校入学後も長く使うことができます。

ポケットシャープナーは鉛筆のいれ方に注意

ポケットシャープナーと呼ばれる、小型の鉛筆削りが、色鉛筆などの付属品として付いている場合がありますが、使い方を間違ってしまうと、鉛筆が折れてしまうこともあるようです。鉛筆は真っすぐにセットし、回しながら削るようにしましょう。また、手動タイプの鉛筆削りの場合でも、鉛筆が傾いてセットされてしまうと、仕上がりが十分でない場合もあります。使い方はしっかり守りましょう。

鉛筆は自分で削って楽しく使おう!

普段何気なく使っている鉛筆ですが、勉強したり、絵を描いたりと、さまざまなシーンで使われています。自分が使っている鉛筆を自分自身の手で削ることで、鉛筆に愛着がわき、長い間大切に使うことができます。鉛筆を削る際は、カッターなどの鋭利な刃物を利用するため、子供だけでなく、大人も注意が必要です。

今回紹介した鉛筆の削り方を参考に、鉛筆を削る習慣を身につけ、子供の学校生活の充実に役立ててみてはいかがでしょうか。電動タイプではなく、あえてカッターで鉛筆を削る方法を選択することで、子供の成長にも役立てることができます。

参考
鉛筆の削り方SOS|日本鉛筆工業協同組合
鉛筆の削り方!カッターで綺麗に仕上げるコツを誰でもできるよう解説 | とものニュース雑学.com
デッサンでの鉛筆の削り方|デッサンの道具
幼児にも使いやすい!安全&楽々えんぴつ削りおすすめ5選 |Chiik! – 3分で読める知育マガジン
工具用カッターのおすすめ人気ランキング10選【切りやすい!】 | mybest

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部