【不登校ブログまとめ】親・子それぞれの目線からあの日を振り返る

不登校の子供を持つ親の中には、経験や思いをブログにつづっている人がいます。子供の不登校という事態に接し、自分の価値観をもとに、本当に大切なものについて考え抜いた上でつづられる一言一言は、非常に深く重みがあります。ここでは、その中でも特に心に響くブログをご紹介します。

不登校の子供を持つ親のブログ5選

「どれだけすごいかということ」いづみさんのブログ

いづみさんは、子供2人が不登校を経験しました。この記事は、息子がひきこもり、娘が不登校の真っ最中の時期に書かれたものです。

「本気になった」

本気で子どもを壊してでも学校へ行かせたいと
嵐の日々をすごし

本気で子どもを動かすことはもうムリなんだと
虚無感に襲われ

本気で旦那を憎み死ねばいいのにと思い

本気でどう考えても答えが見つからないことに
ぶつかり

本気で自分の努力ではどうしようもないことが
この世にはあるんだと知り

本気で孤独の中に身を置き

本気で私は子どもをこんなに愛してるということに気づき

本気で私の中には
愛されたいと願う柔らかくて壊れそうなものがあることに気づき

本気で私はこんなにも愛されていたのだと…

学校へ行かない
それだけのこと

なのに
親は多くのものを手から離した

(中略)

だって
「子どもが生きてれば、それだけで、いい」

一度はそこまで行かなきゃならなかったから

生まれた日
無事に生まれてくれてありがとうと
胸に抱いた時の喜び
柔らかな小さな愛おしさ
命の輝きと重さを感じた

もう一度そこまで帰らなきゃならなかったから

(引用元:どれだけすごいことかというと|どんな時も私は私の味方 いづみのブログ