小学生女の子向け工作のアイデアと作り方6選!低学年から高学年まで

「長期休みの宿題の工作、どんなものを作ろう…」そんな悩みを抱える方も多いのでは?特に小学生の女の子はより可愛いものを作りたいという気持ちも大きいですよね。今回はそんな小学生の女の子向けの工作アイデアをご紹介します。ちょっとの工夫で可愛い工作を作ってみませんか?

【低学年向け】工作アイデアと作り方3選

まずは、小学生低学年の女の子に向けた工作のアイデアと作り方を3つご紹介します。簡単に作れるものを選びました。

プラバンのストラップ

【用意するもの】

  • プラバン
  • アルミホイル
  • オーブントースター
  • クッキングシート
  • 鉛筆と消しゴム
  • 色鉛筆
  • ヤスリ
  • 穴あけパンチ
  • ストラップ
  • 重石(雑誌や本など)

【作り方】

  1. プラバンに描く絵のデザインを考えます。好きな動物やキャラクター、花、ハートや星、リボン型など、子供に好きなものを描いてもらいましょう。
  2. プラバンに下絵を鉛筆で描きます。
  3. 下絵が完成したら、プラバンの余分な部分をハサミで切ります。
  4. プラバンの表面にヤスリをかけます。縦、横、斜めなど、いろんな方向からかけましょう。
  5. プラバンに色鉛筆で色をつけていきます。
  6. 色をつけ終わったら、穴あけパンチでストラップを通すための穴を開けます。
  7. オーブントスターにくしゃくしゃにしたアルミホイルを広げて敷き、温めます。
  8. アルミホイルの上にプラバンを乗せ、縮むまでオーブントースターで焼きます。
  9. プラバンの縮み具合が落ち着いたところで取り出し、冷めないうちにクッキングシートを敷いた雑誌や本などにはさんで平らにします。
  10. 穴にストラップを通せば完成です。

※1.オーブントースターがない場合は、電子レンジのオーブントースター機能で代用できます。オーブントースターを扱う際は、やけどやけがに十分注意してください。
※2.動画のようにプラバンの裏にフェルトを貼り、マグネットやピンブローチをつけてもいいでしょう。

紙粘土のマグネット

【用意するもの】

  • 紙粘土
  • マグネット
  • 絵の具と筆
  • ニス
  • 好きなクッキー型
  • ボンド

【作り方】
1.型抜きクッキーを作る要領で、紙粘土を平らに広げます。マグネットをはめ込むので、少し厚めにしましょう。
2.平らに広げた紙粘土をクッキー型で型抜きしていきます。
3.指にほんの少し水をつけ、型抜きした紙粘土の形を整えます。
4.裏面を軽くほじり、指でなだらかにしたらボンドをつけたマグネットをはめ込みます。
5.よく乾燥させた後、絵の具で色をつけます。
6.絵の具が乾いたら、ニスを塗って仕上げます。

※クッキーの型を使用せず、手で好きな形を作ってマグネットを作ることもできます。

貝殻の写真立て

【用意するもの】

  • 写真立て
  • 貝殻やサンゴ
  • 海の砂やカラーサンド
  • 木工用ボンド

【作り方】

  1. 写真立てに木工用ボンドをたっぷりつけます。筆やヘラなどを使って伸ばすと、きれいにつけられます。
  2. ボンドのついた写真立てに、海の砂またはカラーサンドを振りかけるようにしてつけていきます。砂をつけ終えたら、写真立てを軽く叩いて余分な砂を落とします。
  3. 余分な砂を落としたら、写真立てをよく乾かします。
  4. 写真立てが乾いたら、貝殻やサンゴを置く位置を決めます。
  5. 位置が決まったら、貝殻やサンゴをボンドで貼りつけて完成です。

※貝殻やサンゴだけではなく、造花や大きめのビーズ、砕いた貝殻などを貼りつけるのもおすすめです。