卒業率の高い通信制大学をご紹介!気になる進路についても

通信制大学を選ぶ上で気になるのは、その卒業率。数年間の学習を経て、離脱することなく卒業できる学校を選びたいですよね。今回は、各校の卒業率だけでなく、卒業後の就職内定率や進路についてご紹介します。

卒業率の高い通信制大学

サイバー大学

サイバー大学は、2007年にソフトバンググループが創設した通信制大学です。完全にオンラインで授業を受けることができ、IT業界やビジネスにおける著名人から24時間いつでも授業を受けられます。授業ではコンテンツの視聴から、小テストやレポート、ディベートを実施。科目ごとに視聴と小テスト、レポートを繰り返す回数を決めています。単位習得試験もオンラインで受けられるため、一切学校に行く必要はありません。卒業時には、大学卒業資格を取得できます。帝京平成大学や佐賀大学などではサイバー大学のeラーニング科目を活用し、単位互換制度を取り入れています。卒業率は、76.8%です(2018年度3月時点。修業年限以内で履修を行う生徒の累計卒業率)。

卒業後の進路では、2018年3月卒業生で

現職の継続 99名(IT総合学部97名、世界遺産学部2名)
就職・転職 9名(IT総合学部9名、世界遺産学部0名)
起業 3名(IT総合学部3名、世界遺産学部0名)
そのほか(主婦・シニアなど) 19名(IT総合学部19名、世界遺産学部1名)

となっています。

▼サイバー大学の詳細はこちらから!
日本初!通学不要のネット大学

法政大学 通信教育部

法政大学は、1947年に国内で初めて通信教育部を設立した大学です。単位取得のみならず、「測量士補」や「教員免許」「社会教育主事」などの多様な資格課程を用意しています。2018年度では、通信教育部に経済学部、法学部、文学部の3学部を設置。2015年3月末で累計21,120名と多くの卒業生を輩出しています。学部別には、法学部6,680名、文学部8,028名、経済学部6,412名。公式サイトによれば卒業率の年数は一律でなく、卒業率の算定は難しいとしています。年間では約300名が卒業しています。
通信教育部では、次のような就職支援を受けられます。「キャリアセンター」は、市ケ谷、多摩、小金井の3キャンパスに設置。専任職員やシニアアドバイザー、キャリアアドバイザーなどからキャリアや就職活動関連の支援を受けることができ。「公務人材育成センター」では、公務員や法曹界を目指す学生を支援します。公務員や法曹に関わる講座を開催して、試験や進学の対策を行っています。「教職課程センター」では、教員免許の取得から教員採用試験合格までをサポートしてくれます。

1 2 3