通信制大学の学費はいくら?入学金・授業料以外の費用・概算まとめ

通学する機会や時間を少なくして、自分のペースで学ぶことができる通信制大学。全日制と通信制の大きな違いの一つは、学費です。通信制大学の費用は何にかかるのか、どのような支払いシステムなのか、通信制大学の学費に注目して、実際の一部の通信制大学の学費も含めてご紹介します。

学費の全体像は分かりづらい!その理由は?

学期ごとに所定の学費を納入すればいい全日制の大学に比べると、通信制大学の学費は分かりづらい部分がいくつかあります。発生しがちな追加費用もその一つです。どのようなものがあるのでしょうか。

希望する通信制大学は学費制?授業ごとの料金制?

全日制の大学は学期ごとに授業料を納入するのが一般的ですが、通信制大学は必ずしもそうではありません。最も多いパターンは、半期もしくは年度ごとの授業料に加えて、スクーリング料金や教材費が別途発生するというものです。この場合、授業料だけ見るとリーズナブルに見えますが、実習が多い講義ばかりを選択してしまうとどんどん追加料金が発生してしまいます。

次に多いのは、まとまった授業料を納入する必要はないものの、1単位履修するごとに個別に授業料を支払う必要があるシステムです。卒業に必要なギリギリの単位数の講義を履修して卒業する場合のであればリーズナブルですが、単位を落としたり、興味のある講義をいろいろ履修してみたりしているとどんどん費用がかかってしまいます。