イースターに卵?!イースターエッグの作り方から装飾の意味まで

キリスト教の歴史から生まれ、毎年春に行われているイベント「イースター」。家庭で楽しんでいる人もいるのではないでしょうか。イースターを祝うシンボルといえば卵です。この記事ではなぜ卵をイースターのシンボルにしているのかを説明しつつ、イースターエッグを華やかに飾る方法、卵にまつわる遊び方などについてご紹介します。文化背景を感じながら、親子でイースターを楽しむきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

イースターエッグとは

なぜイースターに卵?

イースターとは、キリスト教の「復活祭」のこと。イエス・キリストが十字架にはりつけられ亡くなった3日後に復活したことを祝う春のお祭りです。イースターが行われるのは、春分の日の後に来る最初の満月から数えて、最初の日曜日。毎年日付は代わり、3月下旬から4月下旬ごろに開催されます。2019年のイースターは、4月21日です。

では、イースターと卵はどういった関係性があるのでしょうか。卵は、イースターのシンボルの1つと位置づけられています。卵は、その殻を破り、その中からひよこが生まれることから、「誕生」や「生命」の象徴とされているためです。ちなみに、イースターエッグと同様に象徴とされているのが、ウサギです。ウサギは、繁殖や多産のシンボルと考えられています。