夏に人気な手遊びを覚えよう!世代を超えて一緒に遊ぼう

夏の人気な手遊び歌を覚えよう!世代を超えて一緒に遊ぼう

手遊びはどこでも気軽にできて、子供にもメリットが多いのが特徴です。お父さんやお母さんと一緒に遊べて、親子のコミュニケーションにもなります。歌は季節ごとにありますが、今回は世代を超えて遊べる歌が多い夏の手遊びをご紹介します!

手遊びを取り入れる3つの効果とは

手遊びといっても実際には、歌に合わせて手や体を動かします。指以外にも手でいろんな形を作ったり、動物をまねて同じように動いたりと全身を使います。最初はお父さんやお母さんが歌を歌い、それに合わせて手や体を動かしていきます。慣れてきたら子供も歌いながら遊べるようになるので、子供にとってのメリットも増えていきます。

動物が出てくるおすすめ手遊び!手遊びをするメリットとは!?

コミュニケーション能力が養われる

お父さんやお母さんが歌う歌に合わせて、子供も一緒に手や体を動かします。慣れてくると子供も歌いながら動かせるようになりますが、それまでは相手の動きや表情を見ながら覚えていきます。上手にできて褒められるともっと頑張ろうと思い、うれしい気持ちを伝えようとするので自然とコミュニケーション能力が養われます。

これは家の中で親子で遊ぶときもそうですが、保育園で先生や友達と一緒に遊ぶときも共通しています。子供も楽しいときは、その気持ちを伝えたいと思うようになるので友達とのコミュニケーションにも役立ちます。

子供の想像をかき立てられる

手遊びは指や手でいろんな形を作る遊びです。歌に合わせて踊るという動作も加わるので、自分で動きながら歌に出てくる状況や動物をイメージしながら遊べます。動物が出てくる歌は手遊びでも人気があります。子供もよく知っている動物が出てくるので、鳴きまねや動きをまねながら、頭の中で動物を想像して遊べます。

動物になりきって一生懸命遊ぶ姿は、見ていても思わず笑顔になってしまうでしょう。子供も自然に想像力がかき立てられ脳にもいい刺激になります。

読み聞かせる絵本の導入にできる

手遊びをするにあたり、上手にやろうとか子供に楽しんでほしいという気持ちが強いと難しく考えてしまいがちです。手遊びはとてもシンプルで簡単な遊びですから、あまり難しく考えずに一緒に楽しむことを優先しましょう。

絵本を読むとき感情を込めて読むように、手遊びでは歌に出てくる人物や動物になりきればいいのです。絵本を読む時間でも、ほかのことに集中しているとなかなか絵本に興味が向きません。そういうときは絵本の導入として、手遊びを取り入れると子供の興味を引きやすくなります。絵本に関連した歌を選ぶとさらにいいでしょう。