探偵になるには?仕事内容や方法と我が子の適性を高めるコツをご紹介

探偵が主役のドラマや漫画などは多くこの世に存在します。そんな作品を見て「探偵になりたい!」と言う子供もいるでしょう。しかし実際に探偵を目指すとなると、どんな方法があるのだろう? と疑問に思う親もいると思います。当記事では探偵の仕事の内容や探偵になる方法、我が子の探偵への適性を高めるコツについてご紹介します。

探偵になるにはどんな方法があるの?3つご紹介

探偵になるにはどのような方法があるのでしょうか? 今回は3つの方法をご紹介していきます。

(1)探偵学校を卒業する

探偵になる方法の1つに、探偵学校を卒業する、という方法があります。探偵学校の1つであるHAL探偵学校では、現役の探偵(調査員)たちから直接、探偵の仕事内容やコツなどをレクチャーしています。

探偵の仕事は事務作業だけではなく、実際に現場で調査をしたり人に会ったりなど、実務も多く含まれています。探偵学校であれば、実技の勉強を行うことも可能です。

プロの調査員を目指すコース

HAL探偵学校では体験コースのほかに、2種類のコースが設けられています。そのうちの1つがプロの探偵を目指すコースです。

講座の内容について、HAL探偵学校のホームページでは以下のように記載されています。

講義は張り込み・尾行、撮影方法や調査機材の説明など、要点を押さえた短時間集中型。実践を豊富に取り入れ、指導に当たる調査員と行動を共にすることで、短期間で調査員としての実力を身につけることができます。

(引用元:業界日本一のHAL探偵学校|HAL

探偵として実務調査を行うために必要な、実践的なスキルを磨くことができます。

ただし、講座で学べばすぐに探偵になることができるというわけではありません。実務経験がないのであれば、「未経験OK」の求人に応募し、採用されてやっと探偵としてデビューすることができるのです。

事務所を開いて独立するためのコース

探偵の働き方は企業に雇われる形と、事務所を運営して独立する形に大きく分けられます。HAL探偵学校では、探偵事務所を開いて独立したい講座生のための「独立開業コース」も設定されています。

講座の内容について、HAL探偵学校のホームページでは以下のように記載されています。

調査員としてのスキルが身につくだけでなく、経営者としてのノウハウが学べるカリキュラムです。法律の知識や依頼者との面談の仕方、広告戦略といった探偵業の経営に欠かせない知識を習得することができます。

(引用元:業界日本一のHAL探偵学校|HAL

探偵として独立するためには、経営者としての知識も必要です。法律や手続きなどを学びながら、探偵と同時に経営者デビューを目指す人もいます。