【中学生の恋愛】どこまでOK?子供には聞けない中学生の恋愛事情

中学生の恋愛は小学生ほどの「幼さ」はないものの、高校生ほど大人びたものではありません。だからこそ、「中学生の恋愛はどんなことをするの?」と疑問に思う親もいるかもしれません。当記事では中学生の恋愛が何をどこまでしているのか、また親はどのように応援すればいいのかなどについてご紹介します。

中学生の恋愛事情!どれくらい恋人がいる?

恋愛をしている中学生はどれくらいいるのでしょうか? まずは中学生の恋愛事情についてご紹介していきます。

中学3年生の3割が「男女交際の経験あり」

同じ中学生と言っても、恋愛経験には個人差があります。どれくらいの中学生たちが恋愛を経験しているのかについて、インターネット調査の結果を見ていきましょう。

ベネッセ教育情報サイトでは2012年12月、全国の小学5年生から大学1年生の保護者1,478人を対象に子供の恋愛についてのアンケート調査を行いました。調査の中で我が子に男女交際の経験があるかどうかについて質問したところ、以下のような結果が得られました。

中学3年生の3割「男女交際の経験あり」

(引用元:どこまでご存じ!? お子さまのバレンタイン&恋愛状況|ベネッセ教育情報サイト

調査の結果、男女交際の経験があるのは中学1年生では16.1%、中学2年生では21.6%、中学3年生では28.9%であるという回答が得られました。実に中学3年生の3割に男女交際の経験がある、ということになります。

なお、調査は保護者を対象に行われました。中には「親には話していないけれど、彼氏や彼女がいる!」という子供もいるでしょう。実際の人数は3割よりも多くなる可能性があると考えられます。

初めてのカップル成立を経験する子供も

中学生になると、思春期に入る子供が多くなります。それまでは友達であった異性も、恋愛の対象として意識することで、恋愛へと進展することもあるかもしれません。

株式会社マイナビが運営するWebサイト「マイナビティーンズラボ」では2017年10月、10代の女性たちを対象に恋愛に関するアンケート調査を行っています。調査の対象は10代の女性581人です。

調査の中で、初めて異性と交際した年齢について質問をしています。回答の結果は以下のようになりました。

初めてのカップル成立を経験する子供も

(引用元:10代女子の恋愛観についてアンケート。約9割が「告白されたい」と回答。|マイナビティーンズラボ

調査の結果、中学生のころに初めて異性と付き合った! という回答が最も多い結果となりました。

中学校の中には、複数の小学校から子供たちが進学してくる学校もあります。また、中学受験をして地元の子供たちとは異なる中学校へ進学する子供もいます。新たに気の合う友達に出会ったり、気になる異性が現れたりする機会も増えるでしょう。

その結果、小学校までは異性を友達としか見ていなかったような子供でも、恋愛に発展することが増えるのかもしれません。