青山学院初等部を徹底解説!入試情報や倍率、学校の特徴とは?

東京都渋谷区にある青山学院初等部。幼稚園から大学までの一貫校教育で人気の学校です。青山学院初等部の入試情報や倍率、学校の特徴をご紹介します。

青山学院初等部とは

東京都渋谷区にある青山学院初等部は、キリスト教信仰に基づいた教育を行うミッション・スクールです。また、同じ敷地内に幼稚園から大学、大学院までがそろい、一貫校教育を受けられる学校です。

「愛と奉仕の精神で、人と社会に対する責任を進んで果たす人間の育成」を青山学院全体の教育目標と定め、「かけがえのないひとり」のために、感じ、考え、学習する学びのサイクルを生み出す教育を進めています。

青山学院初等部の歴史

青山学院は、アメリカからやってきたメソジスト監督教会の宣教師によって1874年に設立された3つの学校が基となっています。スクーンメーカー氏によって麻布に建てられた女子小学校、築地の耕教学舎、横浜にあった美會神学校の3校が、青山に移って青山学院の基礎となりました。

2007年には新校舎工事が完了し、3クラスだったクラス編成も4クラス32名学級となりました。2017年には創立80周年を迎えた、歴史ある学校です。

青山学院初等部の教育方針

青山学院の教育方針である「神さまから与えられた賜物を活かし、感謝の心をもって祈り、神と人に仕える人間を育てること」を青山学院初等部も教育理念としています。

青山学院初等部では、教育方針に合わせ入学式の際に子供たちと「5つのおやくそく」をして、生活の中で心がけるように指導しています。

しんせつにします
しょうじきにします
れいぎただしくします
よくかんがえてします
じぶんのことはじぶんでします

(引用元:教育理念・目標|青山学院初等部)

日常的に行われる礼拝や、行事などを通じて神様からの恵みに感謝をするほか、「一人ひとりを大切にする」教育をすることで、自分が大切にされた経験を基に他人を思いやり、大切にする心を育てます。

青山学院初等部の一貫校教育

青山学院は、同じ敷地内に幼稚園から大学院までの一貫教育が行える環境が整っています。幼稚園生のほとんどが初等部へ進学。初等部の生徒もほとんどが青山学院中等部へ進学します。

中等部からも毎年95パーセント以上の生徒が、青山学院高等部へ内部進学をしています。青山学院高等部からは約80パーセントの生徒が青山学院大学または、青山学院女子短期大学へ進学していきます。女子短期大学には、2,3年次に青山学院大学への編入制度もあります。

幼稚園から大学、大学院までの教育環境が整っていることが青山学院の魅力です。