大学院は就職に有利?大学院生の就活や主な進路を解説!

大学卒業後の進路として「大学院への進学を子供が検討している」という家庭もあるかもしれません。しかし、大学院を修了後にはどんなキャリアの選択肢があるのか、親であれば気にかかることでしょう。

当記事では、大学院生の就職活動の現状と、大学院卒として就職するメリット、さらには実際にどのような組織に就職しているのか進路を解説していきます。

大学院生の就職活動の現状

今の大学院生を取り巻く就職活動の状況はどのようになっているのでしょうか?

大学院生として就活する人の数

文部科学省が発表している「我が国の大学・大学院の現状」の中の「学生の進路フロー推計」によると、平成20年3月時点で大学院の修士課程を修了した人数は約74,000人いました。そのうち、公務員・医師・教員などの仕事に就職した人は約7,300人、民間企業や公的研究機関へ就職した人は約47,000人とされています。

同様に、博士課程を修了した人数は約16,000人おり、そのうち公務員・医師・教員などの仕事に就職した人たちは約2,800人、民間企業や公的研究機関へ就職した人は約4,000人となっています。

(参照元:我が国の大学・大学院の現状|文部科学省

公務員や医師・教員などの高度な専門職以外にも、多くの大学院生が民間企業や研究機関へ就職していることが分かるでしょう。

理系大学院生に企業が求めていること

大学院進学を考える人が多い理系分野ですが、理系の大学院生が企業から求められているのはどのようなことなのでしょうか? 「我が国の大学・大学院の現状」の中の「人材育成面での企業の期待と大学・大学院の取組について」によると、企業が大学や大学院の理系分野の学生に期待しているのは以下のようなことです。

  • 専門分野の知識を学生にしっかり身に付けさせること 65%
  • 知識や情報を集めて自分の考えを導き出す訓練をすること 55%
  • 専門分野に関連する他領域の基礎知識も身に付けさせること 34%

(参照元:我が国の大学・大学院の現状|文部科学省

理系の場合は専門分野の知識を基に、応用できる力を身につけていることが求められています。一方、「理論に加えて、実社会とのつながりを意識した教育を行うこと」の項目に関して、企業から31%と期待されているのに対し、実際に大学・大学院の理系分野の教育で力を入れている項目では16%と、企業の思惑と大学・大学院での教育に乖離があるようです。

文系大学院生に企業が求めていること

では文系の大学院生に企業が求めているのはどのようなことなのでしょうか。「我が国の大学・大学院の現状」の中の「人材育成面での企業の期待と大学・大学院の取組について」によると、下記のとおりの結果が出ています。

  • 知識や情報を集めて自分の考えを導き出す訓練をすること 64%
  • 理論に加えて、実社会とのつながりを意識した教育を行うこと 42%
  • 専門分野の知識を学生にしっかり身に付けさせること 31%

(参照元:我が国の大学・大学院の現状|文部科学省

文系の場合は理系と比較して「知識や情報を集めて自分の考えを導き出す訓練をすること」や「理論に加えて、実社会とのつながりを意識した教育を行うこと」のように、社会に出たときに情報を集めて社会で生かすことを考えられる人材が求められているようです。

大学院を修了して就職するメリット

大卒ではなく、大学院卒として企業などに就職すると、学生にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

基本給が高い場合がある

就職先にもよりますが、大学院卒として就職した場合、基本給が大卒よりも高い場合があります。厚生労働省の公表する「平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給」によると、学歴別の初任給は下記のとおりとなっています。

男女計
大学院修士課程修了 238.7千円
大学卒 206.7千円
高専・短大卒 181.4千円
高校卒 165.1千円

(参照元:平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給|厚生労働省

大学院の修士課程を修了している人の方が約30万円も初任給が高いのです。就職先によっては大卒と初任給が同じ場合もありますが、同じ企業に新卒として入社したとしても大学院卒だと給与が高い可能性もあるのです。

研究職に就ける可能性が高くなる

企業や公的な研究所などでの研究職を目指している人は、大学院へ進学した方が就職できる可能性が高くなるでしょう。文部科学省が平成29年度に発表した「民間企業の研究活動に関する調査」のによると、企業や研究機関が2016年度に採用した研究開発者の数とその学歴等の内訳は以下のとおりとなります。

採用した研究開発者数 平均6.8人
うち、学士号取得者数 平均1.8人
うち、修士号取得者数 平均4.1 人

(参照元:民間企業の研究活動に関する調査|e-Stat

修士号を持っていた方が、研究職として採用されている平均人数が多いのです。また同じ研究職でも、企業の研究部門は学士号や修士号の採用が多く、公的研究機関や大学で研究者として活躍するには、さらに上の博士号が必要となります。どういった場所で研究職として働きたいかにもよりますが、大学院を出ている方が研究職として仕事に就ける可能性は高くなります。

推薦応募ができる場合もある

理系の大学院生の場合、企業から「〇〇学部△△学科で▲▲を専攻している大学院生が〇名ほしい」と要望が届くことがあります。学部などの単位で希望する学生を募りますが、その際に大学院生が優先される場合もあります。

一般応募と推薦応募を比較すると、推薦の方が「面接のみ」など試験が簡単なことが多いです。また推薦だと大学院のお墨付きがあるため、内定をもらいやすいと言われています。全国大学生活協同組合連合会が実施した「全国大学生協連の研究会報告」によると、2016年度に従業員500人以上の大企業へ就職した大学院生の就職率は、大学生よりも約10%高いという結果となり、推薦で内定が決まった大学院生の率は大学生の約3倍だったそうです。

大学院生の主な進路とは?

大学院を修了した人たちは、いったいどのようなところへ就職する人が多いのでしょうか。

文系の大学院生

大学院生・研究者・エンジニア専用の就職サイトであるアカリクWEBの「データからみる大学院生の就職先」によると、文系大学院生が実際に就職している業界は「教育業界」が最も多く、続いて「学術研究、専門・技術サービス業」「公務」などになっています。文系大学院生であっても、専門分野を生かせるような仕事に就いている人は多いようです。

また「医療・福祉」や「情報通信業」「製造業」など専門分野がそのまま直結するわけではなくても、「適切な方法で情報を集め、論理的に分析する」など大学院で培ったスキルを生かして専門分野以外の業種で就職する人も多いです。

東洋経済オンラインが2018年2月に公表した「大学院卒の採用数が多い」100社ランキングでは、文系大学院生を最も多く採用していたのは家具などを製造・販売している「ニトリグループ」でした。ほかにも情報システムに関わる製品、サービスの提供をしている「日本IBM」も大学院卒の学生を119名採用し、そのうち38名が文系大学院生でした。「情報処理業や製造業は理系が強い」と思われがちですが、実は文系大学院生にも就職のチャンスはあるのです。

理系の大学院生

理系大学院生は修士卒だと企業の技術職や開発職、公務員などになる人もいるようです。さらに博士課程を修了した人にはこれらの仕事に加えて、大学や公的な研究機関で研究員となる人もいます。

また東洋経済オンラインの「大学院卒の採用数が多い」100社ランキングでも「ホンダ」「川崎重工業」「ダイキン工業」「新日鐵住金」など製造業の企業が上位を占めています。この4つはいずれも大学院卒の学生を200名以上採用しており、大学卒と合わせた大学院卒の採用比率も60%を超えています。

そのほか、「建設業」「通信業」の会社もやはり理系大学院生の採用割合が多く、自分の学んだ専攻分野をそのまま社会に出ても生かせる、あるいは社会から求められている傾向が強いのが理系の大学院生の特徴と言えるでしょう。

終わりに

大学院へ進学しても、専門分野や研究をとおして培われた能力が買われる職場は多くあることがお分りいただけたかと思います。大学を卒業するタイミングで、子供がなりたい職業に就くには、大学院進学をした方が良いかどうか検討してみてください。

参考リンク
我が国の大学・大学院の現状|文部科学省
平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給|厚生労働省
2016年度に採用した研究者数およびその内訳(新卒、中途を問わず)(1)|e-Stat
研究者になるにはどうすればいいですか?|テンプR&D
「大学院卒の採用数が多い」100社ランキング|東洋経済ONLINE
大学院生の進路と就職、生活の実状を探る|全国大学生活協同組合連合会

この記事をかいた人

ニーガタのオーモリ