ギフテッドの見分け方・判定方法は?行動の特徴と研究論文を解説

ある分野において極めて高度な能力を持つ人を指す「ギフテッド」という言葉があります。日本ではまだ一般的とは言えないこの概念の定義ですが、いわゆる秀才とはどう違うのでしょうか? ギフテッドの特徴や識者について詳しくご紹介します。

ギフテッドの子どもに見られる特徴

我が子がギフテッドか見分けるには、一般的なギフテッドの子どもが持つとされる行動特徴がないか確認することが重要です。

我が子がギフテッドかどうかを判定するのに有効な特徴をまとめました。1つずつ確認していきましょう。

高知能:IQ130以上

専門家によっては、IQだけで子供がギフテッドかどうかを判断するのに懐疑的な人もいるそうです。しかし、ギフテッドの子供は平均よりも高いIQスコアを持つことが多いので、1つの判断材料にはなるそうです。高知大学教育学部研究報告「ギフテッドの情緒社会面・行動面・感覚面における特別なニーズと対応」では、「多くの専門家がその定義を全体もしくはいずれかの能力でIQ130以上を示す子どもたちであるとする」としています。

非同期発達:能力の凹凸が激しい

知的能力・体・感情それぞれの発達度合いがアンバランスなこともあります。体はまだ2歳なのに、5歳児と同じくらい知能が発達していて、ひらがなを読んだり、長い文章を喋ったりすることができるギフテッドの子供がいます。

語彙や認知能力等が周りの子どもたちよりもはるかに発達している一方で、精神面、社会面が弱い傾向にあるため、同年代の子どもに溶け込みにくい。学校で理解を得られなかったり、不登校になったりすることもしばしば見られる。精神と身体、知能と感覚の発達の非同期だけでなく、認知のアンバランスを持つ場合もあり、生きづらさを抱えていることもある。

(引用元:ギフテッドの概念と日本における教育の可能性 | 滋賀大学学術情報リポジトリ,P3

過度激動(OE):敏感な感性を持つ

overexcitabilityを略してOEと呼ばれる過度激動とは、五感や感情を人よりも強く感じたり、過激に反応してしまったりすることです。洋服がちくちくして着られないという子供もいます。

発達障害:ADHDやASD等と見分けがつきにくいことも

ギフテッドの子供は、平均的な子供のために用意された環境になじむことができなかったり、刺激を受けすぎてしまったりします。このような反応はADHDやASD、アスペルガー症候群といった発達障害の子供のものともよく似ているため、実際に誤診されてしまう子供もいるそうです。

逆に、発達障害を併せ持っている子供が、ギフテッドであることが目立ってしまうゆえにその障害が見過ごされてしまう子供もいるそうです。この2種類の誤診は海外でも非常に重大な問題として捉えられています。英語圏では、子供がギフテッドなのか、ほかの障害を持っているのかを判断するためのチェックリストがあり、研究者が日本でも使えるように翻訳などの作業を進めています。

参考
ギフティッド児の誤診を防ぐ:その理解と,適した環境の必要性(3) – 論文・レポート | チャイルド・リサーチ・ネット

個人差が大きいことも知っておこう

そのほかに、ギフテッドの子供はいわゆる優秀な子供・秀才と比べると以下のような特徴があると言われています。

優秀な子ども
(bright child)
ギフテッド学習者
(gifted learner)
一生懸命努力する 遊び半分でやってみるが
テストの成績は良い
学校が好き 学ぶことが好き
友達といることを好む 大人といる方を好む
いい考えを持っている 常識外れた考えを持つ
単純で順序立てたやり方を好む 複雑さを求める
自己の学習成果に満足している 自己を厳しく非難する
課題を6-8回で修得する 課題を1-2回で修得する
グループの中で
トップの成績を修める
グループの成績を超越していて、
あてはまらない

(参照元:アメリカのギフテッド教育事情 – 論文・レポート | チャイルド・リサーチ・ネット

しかし、これらすべてに当てはまらないからギフテッドではない、ということでは必ずしもありません。非同期発達がギフテッドの特徴であることもあり、子供ごとに個人差が大きいことは留意しておきましょう。

ギフテッドについて論文を書いている研究者


日本にはギフテッドへの教育に対応する専門機関もなく、専門家も少ない状況です。子供がギフテッドかもしれない、と思ったときに相談できる相手はあまり多くありません。参考までに、日本語でギフテッドに関する論文を書いている研究者をご紹介します。ギフテッドにまつわる研究をしていても、子供がギフテッドかどうか診断する専門家ではない人もいます。また、ご紹介した専門家が必ず相談・問い合わせに対応可能ではないことも併せてご留意ください。

角谷詩織(上越教育大学准教授)

角谷詩織は、上記で紹介したギフテッドと発達障害を見分けるためのチェックリスト翻訳などに取り組んでいる専門家です。心理学・教育心理学・発達心理学の専門家で、現在は上越教育大学で教鞭を執っています。大学のウェブサイトにはメールアドレスは公開されていませんが、チャイルド・リサーチ・ネットのお問い合わせページからメッセージを送ることができます。

参考
角谷 詩織(修士課程(学校教育専攻)) | 上越教育大学教員業績登録システム
【ご意見・ご質問】 | チャイルド・リサーチ・ネット

ポーター倫子(ワシントン州立大学講師)

ポーター倫子は、ワシントン州立大学の講師で、アメリカにおけるギフテッド教育などについて調査しています。上記でギフテッドと優秀な子供との違いの表を引用した「アメリカのギフテッド教育事情」などの論文を書いています。英語のサイトにはなりますが、Social Science Research Councilの個人ページからメールを送ることができます。

参考
Noriko Porter | Fellows & Grantees | Social Science Research Council (SSRC) | Brooklyn, NY, USA

林睦(滋賀大学教授)

滋賀大学教授の林睦は、日本におけるギフテッドの子供に対する教育についてなどを研究しています。音楽教育を専門にしています。非同期発達の章で引用した「ギフテッドの概念と日本における教育の可能性」などの論文を書いています。滋賀大学の個人ページからメールを送ることができます。

参考
研究者詳細 – 林 睦 | 滋賀大学

是永かな子(高知大学教授)

高知大学教授の是永かな子は主に知的障害児教育・特別支援教育に関する専門家です。ギフテッドの子供にヒアリングを行い、学校教育で困っていることやギフテッドならではの教育ニーズについて調査しています。

参考
研究者参照 | 高知大学
日本のギフテッド当事者に対する特別な教育的ニーズに関する聞き取り調査 第三報 | 高知大学学術情報リポジトリ

合田美穂(香港中文大学兼任助理教授)

香港中文大学兼任助理教授の合田美穂は、主にアジアをフィールドに研究を行なっている歴史社会学者です。ギフテッドに関しては、香港における教育事情について論文を書いています。研究者としての個人ページは見つかりませんでしたが、角谷詩織と同様チャイルド・リサーチ・ネットのお問い合わせページからメッセージを送ることができます。

参考
香港におけるギフテッド教育事情 – 論文・レポート | チャイルド・リサーチ・ネット

まとめ

子供がギフテッドなのかどうか、その特性を見極めるための情報を紹介しました。アメリカなどでは、ギフテッドの教育ニーズが行政レベルで議論されており、さまざまな取り組みが行われています。一方、日本では専門家も文献も少なく、ギフテッドの子供にとって十分な教育機会を受けることもままならないのが実情のようです。まずは相談できる専門家が見つかり、子供がその特性を十分に発揮できる社会に近づいていくと良いでしょう。

参考
ギフテッドの概念と日本における教育の可能性 | 滋賀大学学術情報リポジトリ
アメリカのギフテッド教育事情 – 論文・レポート | チャイルド・リサーチ・ネット
認知機能にアンバランスを抱えるこどもの「生きづらさ」と教育 : WISC-Ⅳで高い一般知的能力指標を示す知的ギフティッド群 | HUSCAP

この記事をかいた人

akahoshitomoka

piggiesagogoクロシェター・ライター。 オリジナルの編み物作品の作り方を販売しながらライターもしています。守備範囲はハンドメイドから不動産まで。三浦半島が好きです。