子供の協調性がない親が身につけておくべき3つのルール

子供をしっかり育てたいと考える親ほど、協調性がない子供の様子が気になり、不安に感じてしまいがちです。しかし、「本当に協調性がないのか?」と改めて考えてみると、思い込みに過ぎないことも少なくありません。この記事では子育てに悩む親に向けて、身につけておくべきルールを3つ厳選して解説します。

協調性がない子供の定義とは

子供が3〜4歳くらいになり、外の世界と接するようになると、親は子供の協調性に関心を持ち始めます。なかなか友達の輪に飛び込めない我が子を見て、「自分の子供には協調性がない」と、不安に感じてしまうようになるのです。

しかし、「どうにかしてあげなければいけない」と考える前に、その定義をあらためて理解することをおすすめします。一般的な定義と照らし合わせることで、それが単に親の思い込みなのか、そうでないのかを把握することができるでしょう。

一般的に、協調性がない子供とは、集団行動がとれなかったり、集団の輪に入れなかったりする子供のことを指します。初めて社会に出る子供たちが、見知らぬ人と触れ合うことに多少の抵抗感を示すことはよくありますし、それは時間の経過とともに、慣れていきます。しかし、そのような場所で、毎回大きな声で泣き叫んだり、尋常じゃないほどの嫌がりかたをする場合には、発達障害の傾向があると考えてよいでしょう。