日本唯一の音楽大学の附属小・国立音楽大学附属小学校をご紹介 ( 3 )

国立音大附属小学校の入試に向けて

国立音楽大学附属小学校の受験を検討する際、試験内容やどのような受験準備をすべきなのかは気になるところだと思います。音楽大学の附属小学校ならではの試験はあるのでしょうか。

試験内容は?

2018年度入試の試験内容は要項にて次のように紹介されています。

  • 行動観察
  • 口頭試問
  • 運動
  • 歌とリズム
  • 保護者面接

(引用元:2019年度入学児童募集要項|国立音楽大学附属小学校

ペーパー試験はありません。「歌とリズム」という課題が音楽大学の附属小学校ならではです。

どんな受験準備をするべき?

学校の公式ホームページには入学試験のための勉強について、次のように書かれています。

Q6. 入学試験のために勉強することはありますか?

A6. 特にありません。
本校の教育理念である「よく考え、進んで行動する子ども」「思いやりのある、心の温かい子ども」「元気よく遊べる子ども」を求めています。

(引用元:よくある質問|国立音楽大学附属小学校

特別な準備は必要ないとのとこです。楽器の習い事についても、習っていない子や小学校に入学してから習い始める子もいるとのこと。入試対策として音楽教室に通わせる必要はなさそうです。

行動観察では、遊びの様子を15分ほど見られるようです。入試では、初対面の子と同じグループになります。教育理念にも遊びについて掲げられているので、楽しくのびのびときまりを守って遊びに参加できると良いでしょう。

終わりに

国立音楽大学附属小学校の特色を紹介しました。子供の小学校生活をどの学校で送らせるべきか、親としては悩むところでしょう。国立音楽大学附属小学校では、入学試験の受験を検討している家庭を対象にしたオープンスクールや学校説明会を実施しています。

年中・年長を対象としたプレスクールでは、入学を検討中の子供が音楽と英語、造形や理科の授業体験をすることもできます。参加してみて、学校の雰囲気を肌で感じてみると良いでしょう。

参考
国立音楽大学附属小学校
附属小学校|国立音楽大学
国立音楽大学附属小学校(学校情報)|小学校受験の「お受験じょうほう」
日本一わかりやすい小学校受験大百科 2018完全保存版|Amazon

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。