面白い幼稚園も紹介!幼稚園と保育園の教育の違いとは ( 3 )

全国にある特徴的な幼稚園を紹介

虹ヶ丘幼稚園

子供たちの才能を開花させる「ヨコミネ式教育法」を採り入れているのが虹ヶ丘幼稚園です。コンセプトは「全員できるようになる」。2006年よりヨコミネ式教育法を採り入れた結果、子供たちが「10段ある跳び箱を跳ぶことができた」「1,000冊の本を読んだ」「読み書きがしっかりできる」といったすごい園児たちがいます。子供が夢中で取り組めることを見出して、しっかりと褒め、挑戦させることで精神性、知性、運動能力を開花させているようです。

参考
トップページ|虹ヶ丘幼稚園

中央幼稚園

神奈川県にあるこちらの幼稚園が、教育活動のキーワードとしていのは「集中と発散」。「音(リズム)、言(ことば)、体(からだ)」の3本軸に基づく教育プログラムを用意しています。その一つが剣道です。年中の2月から1年間に渡り、週1回剣道を子供たちが経験します。いきなり竹刀を持つのではなく、まずは雑巾がけからスタート。正座で黙想してから稽古に取り組みます。親御さんからは「子供の成長を日々感じる」「豊富なカリキュラムが魅力的」といった声が上がっています。

参考
トップページ|中央幼稚園

福増幼稚園(学校法人三和学園)

千葉県市原市のこちらの幼稚園では、キリスト教理念に基づいた教育を進めています。特徴的なのは、『フクマクスペース』という付属施設。外観は巨大なテントですが、中に入ると木造2階建ての園舎が収まっています。子供たちがのびのびと遊べる空間が広がっています。

参考
トップページ|福増幼稚園

小倉あさひ幼稚園

50年以上の歴史を持つ小倉あさひ幼稚園では、「生きる力」「自信・意欲」「思いやりの心・コミュニケーション能力」「人格形成」を保育方針に定めています。ヨコミネ式教育を導入しており、鍵盤ハーモニカや体操、読み書きを実践しています。50周年記念で船舶コンテナを使った園舎に立て替えました。外観はコンテナで金属質ですが、内部は木質で温かみを感じられます。環境保全や持続可能な開発といった考え方を子供たちに身につけてもらうために導入したそうです。

参考
小倉あさひ幼稚園|キッズリンク

おわりに


幼稚園や保育園は、多様な個性を持っています。子供の個性に合う幼稚園や保育園を探してみてはいかがでしょうか。

参考
幼稚園教育について|文部科学省
幼稚園では何を学ぶ? その勉強と内容を紹介!|ベネッセ教育情報サイト
幼稚園と保育園を教育面から比較!|mamari
幼稚園と保育園はどんな違いがあるの? それぞれの特徴と違いを解説します|FUNmily
こんな幼稚園に通わせたい!日本の素敵な5つの幼稚園をまとめました。|TABI LABO
こんな取り組みおもしろい!幼稚園特集 Vol.1|SAGAMIHARA

この記事をかいた人

okamoto

okamoto