札幌のインターナショナルスクール!メリットやデメリットについて

幼いころから、英才教育を受けられるインターナショナルスクールですが、日本の教育カリキュラムとは異なるため、子供のライフプランを考慮した上で検討する必要があります。当記事では、北海道の札幌にあるインターナショナルスクールやそのメリット、デメリットをご紹介します。

インターナショナルスクールとは?

インターナショナルスクール」とは、主に英語で授業が行われる小学校〜高校程度の学校を指します。インターナショナルスクールの多くは日本の学習指導要領ではなく外国のカリキュラムに沿って編成されています。そのため帰国子女や外国籍の生徒も多く、日本の学校より比較的自由な校風の学校が多いです。

語学力だけでなく、国際的な広い視野や知識が身につくところが魅力のインターナショナルスクールですが、場合によっては日本の学校への進学や転校が難しくなることもあります。ですので、子供の進路を長期的に考えてインターナショナルスクールを選ぶことをおすすめします。

インターナショナルスクールを選ぶときのチェックポイント

数あるインターナショナルスクールの中から、子供を通わせる学校を選ぶ際に気をつけたいポイントを整理してみました。

教育カリキュラムが自分の子供に合っているか

インターナショナルスクールとは言っても、さまざまなタイプがあります。アメリカ式とイギリス式ではカリキュラムが大幅に違ってきますし、かなりの勉強量が必要になってくる学校もあります。自分の子供の個性や進路に合った学校を選びましょう。国際バカロレアなどの国際的な評価団体の認定がある学校は、国内外にかかわらず進学時に有利なのでおすすめです。

必要な英語力はどの程度か

インターナショナルスクールの多くは英語で授業が行われるため、多くの学校が入学時にある程度の英語力を条件としています。学校によって求められる英語力が違いますので、行きたい学校について事前に調べ、必要であれば条件をクリアできるよう小さいうちから英語を学ばせるのもいいでしょう。

英語学習の方法ですが、親子だけで学習すると続かないことが多いので、最近では「お迎えシスター」など、バイリンガル×マンツーマンの英語学習が人気です。バイリンガルの先生が子供をお迎えに来てくださり、一緒に帰宅後、自宅で英会話レッスンをしてくれます。日本語と英語を両方話せる先生がマンツーマンで英語を教えてくれるので、これまで英語に触れてこなかった子供でも少しずつ英語でのコミュニケーションに慣れていくことができます。

▼公式サイトはこちらから
バイリンガルと自宅で英語レッスン!メディア掲載多数!【お迎えシスター】

学費の相場はいくらくらい?

インターナショナルスクールの学費は、日本の公立や私立の学校と比べると高めの学校が多いです。年間の授業料は約200万円ほどが相場です。授業料に加え、施設費・管理費・教材費・寄付金などもかかるので、事前に詳しく調べておくようにしましょう。

自宅から通える場所か

家庭の事情にもよりますが、子供に負担なく通える場所にある学校かどうか確認することをおすすめします。学校によっては、キャンパスが複数あったりすることもあるので注意する必要があります。

国際認定資格の有無

日本の中学・高校へ進学させたいと考えているのであれば、都道府県の認可を受けている学校がおすすめです。また、日本の大学入学資格を得ることのできるWASCやCISなどの国際評価団体認定校の学校もあります。

また、「国際バカロレア認定校」を卒業すると、オックスフォード大学やケンブリッジ大学など、世界100ヶ国、20,000校以上の海外にある有名大学の出願資格や入学資格を得られます。海外の大学への留学を希望しているのであれば、将来の進学を踏まえてインターナショナルスクールを選んでも良いかもしれません。