慶応義塾幼稚舎の情報まとめ!進学のメリットやデメリットもご紹介 ( 3 )

【2019年度版】慶応義塾幼稚舎の入試情報

入学試験について

2019年度の募集要項をご紹介します。

■募集人数 144名(男子96名 女子48名)

■応募資格 2012年4月2日~2013年4月1日生まれの児童

■考査料 3万円

■願書配布  9/3(月)~9/28(金)
・願書金額:1部1,000円
・交付場所:事務室
・交付曜日、時間:月曜から金曜日(祝日除く) 9:00~16:30

■願書受付  郵送:10/1(月)~10/2(火) 期間内消印有効

■考査日  11/1(木)~11/8(木)の期間内から1日

■合格発表  11/15(木) インターネット経由で発表する

■入学手続き  11/30(金)

試験内容

面接とペーパー試験がなく、行動観察、制作、模倣、体操、サーキットといった試験が行われます。考査時間は1時間50分です。

慶応義塾幼稚舎の試験は特徴があるとして有名です。過去の試験内容の一部分をご紹介します。

■行動観察

〇厚紙でできるだけ高い家を作る
〇30センチほどの積み木を20個程度使い、家を作る。4チームに分けて、どのチームが早く家を作れるか競争を行うなど

■制作

〇糸電話作り
〇ねじで動くおもちゃで遊び、そのおもちゃが夜になると動き出す、という絵を書く

■運動
〇連続運動
〇模倣体操
〇ボール渡しなど

試験を通して、協調性があるか、機敏な動きができるか、想像力があるかといったことが審査されます。

入学への難易度

慶応義塾幼稚舎の倍率は男女ともに例年10倍程度です。私立小学校の倍率としては高い部類に入り、難関校と言えるでしょう。大学まで続く慶応義塾の一貫校として絶大な人気を誇り、毎年たくさんの児童が受験をします。