小学生でも簡単に作れるバレンタインお菓子のレシピ

小学生でも簡単に作れるバレンタインお菓子のレシピ

バレンタインと言えば、女の子が男の子にチョコレートを渡す日というイメージを持つ人も多いでしょう。小学生の女の子の中にも、バレンタインのお菓子作りに気合いを入れている子もいます。当記事では小学生でも簡単に作ることができる、バレンタインにおすすめのお菓子レシピを3つご紹介します。

今どきの小学生のバレンタイン事情

好きな男の子に気持ちを伝えるために、女の子がチョコレートを渡す印象のあるバレンタインですが、今どきの小学生のバレンタイン事情はそのイメージとは少し異なっています。まずは現代の子供のバレンタイン事情についてご紹介します。

今は友チョコがほとんど?

ベネッセ教育情報サイトでは全国の小2~中1の子供を持つ保護者1,442人に、子供のバレンタイン事情についてインターネット調査を行いました。その中で子供がチョコレートなどのプレゼントを誰かに渡した場合、その相手は誰だったかを調査しています。

回答の結果は、以下のようになりました。

(引用元:今どきの小学生バレンタイン事情 チョコは誰に? 予算はいくら?|ベネッセ教育情報サイト

最も多く渡したのは、同性の友達であったということが分かります。次いで異性の友達が多く、バレンタインデーのプレゼントは「好きな人」よりも「友達」に渡すことが主流になっているようです。

ただし、保護者が把握している範囲の結果です。子供の中には友達に渡すと言って、それを好きな人にも贈っている子もいるかもしれません。その場合であっても大量に作り、その中の1つを好きな人にあげている、という可能性もあるでしょう。

プレゼントに渡したものは?

日本のバレンタインと言えば、チョコレートを渡す習慣があります。現代の小学生も同様に、バレンタインにチョコレートをプレゼントしているのでしょうか?

ベネッセ教育情報サイトによる同調査では、子供がバレンタインに何をプレゼントしたかについても調査しています。調査の結果は、以下のようになりました。

(引用元:今どきの小学生バレンタイン事情 チョコは誰に? 予算はいくら?|ベネッセ教育情報サイト

手作り・購入品を合わせると、チョコレートを渡している子供がおよそ7割であるということが分かりました。1割の子供がチョコレート以外のお菓子を手作りして渡していますが、親がどれだけ手伝うことができるかにもよるかもしれません。

「チョコレートを作る」と言っても、きれいに固まらなかったり上手に型から外せなかったりと、うまく作ることができないこともあります。小学生がバレンタインのプレゼントを手作りする場合は、簡単で失敗しにくいものを選ぶことが必要です。

1 2 3