大量の友チョコはどうやって作る? 安価で簡単なバレンタインレシピ

「義理チョコ」や「友チョコ」などが広く普及した今、バレンタインは好きな異性にだけチョコレートをプレゼントする日ではなくなってきています。中でも同性同士で「友チョコ」を送り合う女性は多く、大量のバレンタインチョコを用意しなければならない……なんて人もいるでしょう。当記事では大量のバレンタインチョコを作る人向けに、おすすめのレシピと作り方のコツをご紹介します。

友チョコを渡す人は10代女性の60%以上!

バレンタインチョコは、今ではいくつかの種類に分けられるようになりました。好きな相手に渡す「本命チョコ」、異性の友達や職場の同僚に渡す「義理チョコ」などは、聞いたことがあるという人も多いでしょう。

その中でも近年多くの女性が渡しているのが「友チョコ」です。その名前のとおり、バレンタインに友達に渡すチョコレートのことを指します。

ホームパーティー検定などを行う一般社団法人日本ホームパーティー協会は2018年1月に、バレンタイン関するアンケート調査を行いました。調査の対象は20歳以上のホームパーティーに関心のある女性350名です。

Ponta調査団は2016年2月に、バレンタインに関するアンケート調査を行いました。調査対象はPontaリサーチ会員の12歳以上の女性1,500人です。

調査の中に、「今年のバレンタインデーに贈り物を贈る予定の相手を教えてください。」という質問があります。その回答結果は以下のようになりました。

Q. 今年のバレンタインデーに贈り物を贈る予定の相手を教えてください。

(参照元:https://research.ponta.jp/top/chousadan/survey31.html)

調査の結果、「女性の友人にバレンタインデーに贈り物を贈る予定である」回答した女性が10代で68.7%いることが分かります。

「好きな異性」や「恋人」と比較すると、友チョコを渡す「友達」の数は多くなるでしょう。友チョコ文化の普及に伴い、女性たちは以前に増して大量のバレンタインチョコを用意しなくてはならなくなったと考えられます。