小学校受験で出題される問題とは?おすすめ問題集や参考書をご紹介

小学校受験では、大人でも苦戦するようなひとひねりされた問題が出されると言われていますが、実際にどのような問題が出題されるのでしょうか。当記事では、小学校受験のペーパー試験に出題される問題と、受験対策におすすめの問題集・参考書をご紹介します。問題内容を知り、問題集や参考書を使ってしっかりと入試に備えましょう。

小学校受験のペーパー試験に出題される問題

小学校受験のペーパー試験、いわゆる筆記試験に出題される問題についてご紹介します。子供の知能や発育状況だけではなく、思考力や聞く力、マナーが身についているかどうかを見るために課されます。

記憶

試験官の話を聞いて記憶したり、絵を記憶して問題に答えます。理解力や記憶力はもちろん、集中力や客観的な判断力があるかどうかが試されます。絵本を読んで聞かせ、お話の後で登場人物や行動、順序など内容に関する質問をするなどし、無理なく楽しく身につけさせてあげましょう。

知識

季節や行事に関する知識や、自然との接し方、日本の文化を問う問題が出題されます。絵を見て同じ季節のものを探したり、仲間探しや仲間はずれを見つけたり、「個・台・枚」など同じ数え方のもの同士を線で結んだり、といった問題が出ます。

言語

読み上げられた課題文の内容について質問されたり、「あめ」「あさ」「あじさい」のような同頭音や、「うし」「むし」「つくし」のような同尾音、しりとり、動物や植物、食べ物といったものの名称が問われ、日本語力が試される問題が出題されます。

絵本を一緒に読んだり、言葉かけや子供とおしゃべりをし、普段から生活の中でたくさん言葉に触れさせておくといいでしょう。

数量

数を数えたり、足したり引いたり、どちらが多いか比較したりといった問題が出題され、数の処理能力や数字の認識力、推理力が試されます。ものの数を数えたり、簡単な足し算や引き算をすることを日常生活に取り入れ、数字に慣れ親しんでおきましょう。

また、数量では文を正確に読み取る力、いわゆる「読解力」が必要とされるので、国語力もしっかり身につけておくといいでしょう。

図形

丸や三角、四角の基本的な図形を使用し、同じ形を探したり、重ねたり回転させたりした図形を探すなどする問題が出題されます。比較的やさしい問題から難しい問題までがあり、そのパターンは学校によってさまざまです。

頭の中でイメージするだけでは難しいので、図形を紙や折り紙で作ったり、図形パズルなどの知育玩具を用いて、実際に重ねたり回転させたり、組み合わせたりして学習しましょう。図形への理解度をより高めることができます。

推理

物体を四方や上方から見た場合の見え方や、図形を切断・回転・移動させた場合の変化などを推理します。いきなり問題集に取り組むと失敗する傾向があるので、まずは紙や図形パズルなどでできた図形を使用して学習しましょう。

小学校受験問題集の選び方

小学校受験対策ができる問題集にはさまざまなタイプがあり、どれを選べばいいのか迷うのではないでしょうか。ここでは、小学校受験問題集の選び方のポイントをご紹介します。

大手幼児教室監修・出版の問題集を選ぶ

大手幼児教室が監修・出版している問題集がおすすめです。大手幼児教室は入試内容の聞き取りをして情報収集をし、その情報を分析して問題集を作成しています。幼児でも分かりやすく、取り組みやすいように構成されており、安心して使用できます。受験対策が効率良くできるでしょう。

さまざまな種類の問題が載っている問題集を選ぶ

小学校受験の問題は幅広く、さまざまな種類のものが出題されます。そのため、どのような問題が出題されても対応できるようにしておく必要があります。1冊に全領域がまとまっている問題集を使えば、子供の得意・苦手な分野を把握することが可能です。

小学校受験におすすめの問題集・参考書5選

小学校受験対策に欠かせないものの1つが問題集・参考書です。ここでは、小学校受験に対応したおすすめの問題集・参考書を5つご紹介します。ぜひ参考にしてください。

『ひとりでとっくん365日』シリーズ(こぐま会)

created by Rinker
¥1,080 (2019/05/22 10:59:11時点 Amazon調べ-詳細)
「何から学習始めたらいいか分からない」という保護者の声から生まれたのが、小学校受験対策塾・幼児教室であるこぐま会の『ひとりでとっくん365日』シリーズです。計12冊あり、基礎学習から応用までをこのシリーズで学習することができます。

1年間の学習の順序と内容が分かり、1日1ページ、1ヶ月に1冊のペースですべての領域をバランスよく学ぶことができるのが特徴です。「母親のための学習ノート」が付属されているので、家庭での学習をしっかりサポートしてあげられます。

『ひとりでとっくん100』シリーズ(こぐま会)

created by Rinker
¥648 (2019/05/22 10:59:12時点 Amazon調べ-詳細)
こちらもこぐま会による問題集です。単元・年齢別に分けられおり、全部で100冊あります。苦手領域の対策や志望校の入試に出題されやすい分野の強化にぴったりであり、子供に合った問題集を選べるのが魅力です。学校別の『ひとりでとっくん』も出版されているので、志望校が確定している場合はそちらの問題集に取り組むといいでしょう。

『有名小受験ワーク』シリーズ(奨学社)

入試必修問題に基礎から集中的に取り組める問題集です。比較的簡単な問題から難しい問題まで、さまざまな分野の問題が載っています。これから受験準備を始めようというご家庭には、こちらの問題集をおすすめします。

『有名小入試 項目別問題集 ステップナビ』シリーズ(伸芽会)

3歳から始めることができ、基礎的な内容から入試直前まで使用できる問題集です。受験に向けて段階的に学べるので、つまずきやすいところや苦手分野の克服に役立ちます。問題と解答例は別冊に収録されているので、親子で一緒に学習したいご家庭にぴったりです。

『理英会のばっちりくんドリル』シリーズ(理英会出版)

created by Rinker
¥41,580 (2019/05/22 10:59:13時点 Amazon調べ-詳細)
「基礎編」と「応用編」の2種類があり、子供のレベルや目的に合わせて学習することができます。「記憶」の項目にはCDが付属しています。また、課題文・問題文の全文には、男性と女性の声が交互に収録された音声があるので、子供1人でも取り組みやすいでしょう。

小学校受験の入試過去問題の入手方法

受験校の出題問題や傾向を知るためにも、過去問題を手に入れるようにしましょう。過去問を解くことで子供の得意・不得意を確認し、苦手な分野は克服することができます。過去問題集は書店やインターネットで入手可能です。インターネットで探す場合は、「◯◯小 過去問題」のように学校名を入れて検索すると見つかります。

おわりに

小学校受験にはさまざまな分野の問題が幅広く出題されるため、入試前からしっかりと準備しておく必要があります。絵本や図鑑を読んだり、行事に参加したり、外遊びをしたりと普段の生活の中でできることを行い、問題集や参考書、各受験校の過去問題集にしっかり取り組んで受験に臨みましょう。

参考
小学校受験のメリットデメリット|All About 暮らし
国立小学校受験、過去問題集はどこで手に入れる?|姉妹で附属っ子♪
入試ノート問題編1|桐杏学園
さわやかお受験のススメ<小学校受験編>★★入試問題を分析する★★[6] 推理・思考に関する問題(2)|幼児教室めぇでる
小学校入試では、どんなことを見るの?|桐杏学園
こんな問題できますか?|にっけん
さわやかお受験のススメ<小学校受験編>★★入試問題を分析する★★[4] 数量に関する問題(1)|幼児教室めぇでる
割、図形構成のコツ|イクパパの幼稚園・小学校受験 ゼロからのスタート
小学校受験問題集の選び方|hohoRON
小学校受験用問題集のおすすめ人気ランキング7選【基礎から入試予想問題まで】|mybest
小学校受験の問題はどこで手に入れるの?|小学校受験入試問題の入手方法
お受験小学校の入試対策におすすめの参考書・問題集|お受験TOWN

この記事をかいた人

Yukiko Žilinskas

男の子2人のママライター。EQと共感力を高める子育て、非暴力コミュニケーション(NVC)に興味があり勉強&実践中。教育や子育てに関する情報をママ目線でお届けします。