厳選おもしろ手遊び歌の魅力を紹介!面白い手遊び歌9選! ( 2 )

保育園で子供が大喜びな手遊び歌

それでは具体的にどういった手遊びがあるのかを紹介していきましょう。
手遊びは本当に多くの種類があるのですが、その中でも特に人気が高いものだけをピックアップしてみました。今日からでも簡単に出来るものばかりとなっていますので、ぜひ手遊びをしてみたいと考えている方は参考にしてみてください。

パンダうさぎコアラで動物の気持ちになる


この手遊び歌はパンダうさぎコアラという物で、リズムに合わせてパンダの目・ウサギの耳・コアラが木に抱っこしている様子を手を使い表現するというものです。
それぞれの動物の名前を覚える事が出来るだけでなく、特徴も頭に入れることができますのでオススメです。

グーチョキパーでなにつくろうでメロディを覚える


この曲は誰しも一度は聞いたことがあると思います。グーチョキパーの組み合わせでさまざまな物を表現するというものです。曲の途中ではカタツムリや蝶やタヌキなどを作るのですが、これ以外にも想像力を働かせてオリジナルの物を作ることができますので、脳の発達にはこれ以上ないと言っても良いくらいの手遊びかもしれません。

小学生でも楽しめる!おもしろ手遊び歌

次はこれまでに紹介したものよりも若干難易度があがってきますので、小学生でも十分楽しめるような手遊びを紹介していきましょう。
もちろん小さい子供でも楽しむことは可能となっていますので、簡単な手遊びに慣れてきたらステップアップさせるのもいいかもしれません。

キャベツの中からで指を動かす練習


この手遊びは「キャベツの中から青虫が出たよ」とテンポが良い音楽に合わせて歌うのですが、青虫をそれぞれの指で表現したり、最後に蝶になっていく様も指で表現しますので、それぞれの昆虫がどのような動きをするのかというのを歌のなかで覚えることができます。

ひげじいさん アンパンマンバージョンでリズム感を養う


この手遊びは有名なひげじいさんをアンパンマンバージョンにしてあります。アンパンマンのキャラクターが多く登場し、それぞれのキャラクターの特徴を手遊びで表現するという構成になっています。アンパンマンが嫌いな子供はいないと言ってもいいくらい人気の作品ですので、子供も積極的に自ら参加するでしょう。

おべんとうバスでドライブを楽しみながら手遊び


おべんとうバスの手遊びは野菜や果物、その他さまざまな食材が多く登場します。メジャーな食材から、なると・はんぺんといった普段あまり聞くことがないような食材も登場します。そしてこの手遊びは1から10までを指で表現しますので、数を覚えることもできます。

1 2 3