中学受験の面接対策!よく聞かれる質問や緊張を和らげる方法も紹介 ( 2 )

面接での注意点とポイント

はっきりと答えることが大切

面接では「はい」「いいえ」といった返答をはっきりと答えることが大切です。分からないことを聞かれた場合は、はっきりと「わかりません」と答えた方が良いでしょう。考えがまとまらず沈黙が続くということがないように気をつけましょう。また受け答え以外にも、会話や挨拶は大きな声ではっきりと伝えられるように練習をさせましょう。

目上の人と話すためのコミュニケーション能力を磨く

面接では目上の人と話すためのコミュニケーション能力が必要です。特に「目線を合わせて会話をする」「語尾にはです、ます、をつける」「敬語を正しく使う」「父、母、といった名称で話すようにする」といったことを身につけさせましょう。

日常生活から面接を意識して生活する

面接時にしっかりとした受け答えができるように、普段から面接を意識して生活させるようにしましょう。はっきりと受け答えをする、大きな声で挨拶をする、といったことは親との会話でも練習ができます。また、敬語を正しく使うことは、近所の人や学校の先生と話すときなどに実践させるようにしましょう。

面接にふさわしい服装は?

面接時の服装が合否を決めることはないとは言われますが、ある程度しっかりとした服装で臨むようにしましょう。子供の場合は、小学校の制服があれば面接時も制服で構いません。

制服がない場合は普段より少しフォーマルなイメージで服装を決めるようにしましょう。男子に多いのは、紺やグレーのブレザー、シャツ、パンツの組み合わせにネクタイは上着と同じ色のベースに黄色や緑のストライプが入ったものを着用するパターンです。

女子の場合は、紺やグレーのブレザー、ブラウス、スカートの組み合わせに、リボンを着ける子もいます。靴下は白か黒か紺で柄のないもの、靴はローファーが人気です。

親の服装は、紺やグレーのスーツが無難です。親子で並んだときに一体感が出るように、服装選びは親子で揃って行うようにしましょう。