大阪のおすすめインターナショナルスクール5選!各校の学費や入学基準を比較

インターナショナルスクール 東京

子供に通わせる学校をどこにするかは、子育てしていると必ず悩むことでしょう。近年、帰国子女や外国籍の子供に限らず、子供の学校を選ぶときの選択肢としてインターナショナルスクールが注目されています。今回は、大阪にあるおすすめインターナショナルスクールをピックアップしてご紹介します。

インターナショナルスクールについて知っておきたいこと

インターナショナルスクールについて、知っているようであまり詳しく知らない人が多いのではないでしょうか。インターナショナルスクールについて法律的な規定はありませんが、英語で授業が行われ、外国人児童生徒を対象とする教育施設をインターナショナルスクールと呼んでいます。広い意味で定義されているので、教育カリキュラムや学習プログラム、生徒や先生の国籍など学校によってかなり違ってきます。まずは、インターナショナルスクールを選ぶときに知っておきたいポイントをご説明します。

教育課程について

インターナショナルスクールに子供を通わせようとするときににまず知っておきたいことは、多くのインターナショナルスクールが日本の学習指導要領ではなく独自の教育カリキュラムを導入しているということです。ですので、日本の法律で就学義務を履行したことにはならず、日本の学校への進学などが難しくなるケースもあるので注意が必要です。

選び方のポイント

インターナショナルスクールを選ぶときは、まず、その学校の教育カリキュラムが自分の子供の個性や進路に合っているかどうかが1番のポイントです。日本の中学・高校へ進学させたいと考えているのであれば、都道府県の認可を受けている学校がおすすめです。また、海外の大学への留学を希望しているのであれば、世界の難関大学合格にとても優位となる国際バカロレア、また日本の大学入学資格を得ることのできるWASCやCISなどの国際評価団体認定校の学校を選んだりするなど、子供の進路を長期的に見据えて学校選びをすることがおすすめです。教育カリキュラム以外にも、インターナショナルスクールを選ぶチェックポイントを整理してみました。

  • 子供に合った校風か(規律・教育理念などをチェック)
  • 生徒の国籍(外国籍と日本国籍の子供の割合など)
  • 教員の資格や経歴
  • 学費はいくらくらいか
  • キャンパスの場所は通学可能範囲か
  • 入学英語基準はあるか
  • 国際評価団体の認定(国際バカロレア・WASC・CISなど)の有無

ぜひ自分の子供が楽しんで通えるインターナショナルスクールを見つけてみてください。

大阪のおすすめインターナショナルスクール

それでは、大阪にあるインターナショナルスクールの中からおすすめの学校をご紹介します。

関西学院 大阪インターナショナルスクール

幼稚園/小学校/中学校/高校
大阪府箕面市小野原西 4-4-16

  • 入学英語基準:年齢にあった英語力
  • 国際バカロレア・WASC・CIS認定校
  • 学費:年約200万円(幼稚園)〜

大阪インターナショナルスクールは、千里国際学園中等部高等部とキャンパスを共有し、授業や課外活動などのさまざまな学校カリキュラムを組んでいます。幼稚園から高校まで授業はすべて英語で進められており、世界各国から集まった子供たちが集うキャンパスは国際色豊かな明るい雰囲気です。図書館は日本語と英語の本あわせて約6万冊あり、シアター・カフェエリア・トレーニングルーム・温水プールなど設備も充実しています。また、大阪インターナショナルスクールは国際バカロレアのプログラムに沿ったカリキュラムを導入しており、日本での進学にとても有利です。

参考トップページ|関西学院 大阪インターナショナルスクール

大阪YMCAインターナショナルスクール

プリスクール/幼稚園/小学校/中学校/高校(2020年開講予定)3歳〜高校生
大阪府大阪市港区弁天1-2-2-800

  • 入学英語基準:なし(プリスクール〜小学低学年)
  • 国歳バカロレア・WASC認定校
  • 学費:年約120万円(プリスクール)〜

3歳からを対象にしたプリスクール・幼稚園では、英語保育をベースに国際的な感覚を子供たちが身につけられるようカリキュラムが組まれています。YMCAならではの、のびのびとした体験型教育に加え、異文化間理解を目的とした海外ならではのイベントや文化交流などもあり、幼いうちから国際化に対応できる人材育成が期待できそうです。2020年には高校が開校予定となっており、これからはプリスクールから高校まで一貫して学校生活を楽しめるところも魅力です。また、日本の学校に在学中の子供を対象にサタデークラスも開校しているので、ぜひ土曜日だけでもインターナショナルスクールを体験しに行ってみてはいかがですか?

参考トップページ|大阪YMCAインターナショナルスクール

関西国際学園

幼稚園/小学校/中学校/高校
幼稚部:大阪府東大阪市長田1-5-10
*小中高は神戸校のみ

  • 入学英語基準:なし(幼稚園)
  • 国際バカロレア認定校
  • 学費:約150万円~

国際バカロレア初等教育プログラム認定校。主要科目の授業に日本人と外国人の先生が1人ずつ入り、子供がどちらの言語も自由に話すことができる環境での教育、日英トランスリンガル教育を行っています。国際バカロレアプログラムを2言語で行う学校は世界中でもあまり例がなく、真のバイリンガル育成が期待できます。また、英語を第2言語として習得する子供のための英語カリキュラムもあり、英語に少し自信がない子供でも、フォニックスなどの基本的な英語を学ぶことができます。
参考:トップページ|関西国際学園

大阪の英語教育を受けられるプリスクール

アメリカでは、幼稚園(5〜6歳)にあがる前の子供たちが通う学校をプリスクールと呼んでいます。日本でも最近よく聞くプリスクールですが、日本では一般的に、小学生未満の子供対象に英語で保育を行う施設のことをプリスクールと呼んでいるところが多いようです。インターナショナルスクールの小学校に上がると授業は英語なので、プリスクールなどで幼いころから英語力を身につけて準備するのもいいでしょう。学校によっては、1日保育に加え、トライアルコース(お試しコース)、土曜日だけのサタデーコース、放課後のみのアフタースクールなどを実施しているプリスクールもあるので、ぜひチェックしてみてください。それでは、大阪にあるおすすめのプリスクールをご紹介します。

フォレストインターナショナルスクール

大阪府大阪市天王寺茶臼山町2-9
対象年齢:1歳~6歳
月保育料:7万1,000円(週5日)*食費等は含まない
トライアルコース(お試しコース)・サタデーコース・アフタースクール有り

あべのハルカスの近く、天王寺公園のそばにあるアットホームな雰囲気のインターナショナルスクールです。ネイティブの先生と日本人の先生が1人ずつクラスに入り、原則オールイングリッシュで生活します。カリキュラムには毎月テーマが設けられ、英語以外にも日本の文化や道徳を学ぶ時間もあるところも魅力です。卒園時には、小学校3年生程度の英語力育成を目指します。

参考トップページ|フォレストインターナショナルスクール

大阪モンテッソーリインターナショナルスクール

大阪府大阪市東住吉区鷹合3-3-16
対象年齢:1,6歳~3歳
月保育料:8万円(週5日)*食費等含まない

大阪モンテッソーリインターナショナルスクールは、モンテッソーリ教育法に基づいたカリキュラムで、英語で子供たちを教育する学校です。子供の発達や年齢に合った英語で、言葉や文化、算数などを学習します。広々とした教室の中には、それぞれの子供の年齢や発達段階に合ったモンテッソーリ独自の教具や教材がきれいに整理整頓され並んでいます。幼児教育として定評のあるモンテッソーリ教育をしかも英語で経験できるのは、親にとっても子供にとってもうれしいでしょう。

参考トップページ|大阪モンテッソーリインターナショナルスクール

まとめ

外国籍の子供たちと一緒に海外のカリキュラムで教育を受けることができるインターナショナルスクール。語学力だけでなく、子供の国際的な広い視野や考え方を育てたい、という人は、ぜひインターナショナルスクールを子供の学校の選択肢の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。

参考

インターナショナルスクールの現状|文科省
インターナショナルスクールの特徴|The International School TImes
知ってる?インターナショナルスクールの教育課程の違い|NAVERまとめ

この記事をかいた人

shokole