大阪のおすすめインターナショナルスクール5選!各校の学費や入学基準を比較

インターナショナルスクール 東京

近年、英語の重要性の高まりに伴って、インターナショナルスクールが注目されています。その注目されているインターナショナルスクールは関西にどのくらいあるのでしょう?今回は、大阪にあるおすすめインターナショナルスクールをピックアップしてご紹介します。

インターナショナルスクールとは?

インターナショナルスクールについて、知っているようであまり詳しく知らない人が多いのではないでしょうか。インターナショナルスクールについて法律的な規定はありませんが、英語で授業が行われ、外国人児童生徒を対象とする教育施設をインターナショナルスクールと呼んでいます。

広い意味で定義されているので、教育カリキュラムや学習プログラム、生徒や先生の国籍など学校によってかなり違ってきます。まずは、インターナショナルスクールを選ぶときに知っておきたい5つのポイントを紹介します。

教育カリキュラムが自分の子供に合っているか

インターナショナルスクールとは言っても、アメリカ式、イギリス式などさまざまなタイプがあります。インターナショナルスクールの教育カリキュラムは学校によって異なるため、入学した学校によって子供が卒業までにこなさなければいけない勉強量が変わってきます。したがって、自分の子供の個性や進路に合った学校を選ぶことが大切です。

入学にはどのくらいの英語力が必要か

インターナショナルスクールの授業は英語で行われるため、多くの学校が入学時にある程度の英語力を条件としています。学校によって求められる英語力が違いますので、行きたい学校について事前に調べ、必要であれば条件をクリアできるよう小さいうちから英語を学ばせるのもいいでしょう。

英語学習の方法ですが、親子だけで学習すると続かないことが多いので、最近では「お迎えシスター」など、バイリンガル×マンツーマンの英語学習が人気です。日本語と英語を両方話せる先生がマンツーマンで英語を教えてくれるので、これまで英語に触れてこなかった子供でも少しずつ英語でのコミュニケーションに慣れていくことができます。

また、英語力が入学条件にない学校でも入学後に英語力が低いと、高額な英語の補習クラスを案内される場合もあります。子供の英語力が少しでも心配な方は、入学前から子供の英語力を上げておくことで、入学後の英語力不足の心配を軽減できるでしょう。

▼公式サイトはこちらから
バイリンガルと自宅で英語レッスン!メディア掲載多数!【お迎えシスター】

学費はどのくらいかかるのか

普通の学校に比べ、インターナショナルスクールは学費が少し高めです。授業料に加えて、校舎の管理費やメンテナンス費用などもありますので、実際にかかる費用を事前にチェックしましょう。

自宅から通える場所か

家庭の事情にもよりますが、子供に負担なく通える場所にある学校かどうか確認することをおすすめします。学校によっては、キャンパスが複数あったりすることもあるので注意する必要があります。

国際認定資格の有無

インターナショナルスクールに子供を通わせようとするときににまず知っておきたいことは、多くのインターナショナルスクールが日本の学習指導要領ではなく独自の教育カリキュラムを導入しているということです。ですので、日本の法律で就学義務を履行したことにはならず、日本の学校への進学などが難しくなるケースもあります。

もし子供が日本の中学・高校へ進学する可能性もあるのであれば、都道府県の認可を受けているインターナショナルスクールに進学し、日本の中学・高校へも進学できるようにしておくのがおすすめです。

また、海外の大学への留学を希望しているのであれば、世界の難関大学合格にとても優位となる国際バカロレア、また日本の大学入学資格を得ることのできるWASCやCISなどの国際評価団体認定校の学校を選んだりするなど、子供の進路を長期的に見据えて学校選びをすると良いでしょう。