アルギニンの効能って何?アルギニンが多く含まれるおすすめの食品

アルギニンの効能って何?アルギニンが多く含まれるおすすめの食品

子供の成長に必要な栄養素はいくつかありますが、その中でも積極的に摂取したいのがアルギニンです。アルギニンはアミノ酸の一種であり体内でも生成されていますが、子供は大人よりも生成できる量が少ないため食事から摂る必要があります。アルギニンがどんな効果をもたらしてくれるのか、どの食品に含まれているのかなど、子供の成長を助けるのに欠かせないアルギニンについて解説します。

アルギニンの効能

アルギニンの効能
アミノ酸はヒトの体を作るために欠かせない栄養素の1つです。アミノ酸の分類では非必須アミノ酸ですが、体内で生成できる量はあまり多くありません。子供は成長するために大人よりも多くのアルギニンを必要としますが、体内で生成できる量は大人よりもさらに少なくなります。そのため体内にある分では圧倒的に不足してしまうので、意識して補う必要があるのです。

アルギニンにはどのような効果があるのかを見ていきましょう。それを知れば、子供にとってアルギニンがどれだけ重要なものかがお分かりいただけるはずです。

成長ホルモンの分泌を促進

成長ホルモンは育ち盛りの子供の成長を助ける役目があります。骨や筋肉の成長も、身長や体重を増やすのも成長ホルモンの分泌がスムーズであることが大切です。

アルギニンには成長ホルモンの分泌をサポートする働きがあります。体内で生成する分では足りないので、積極的摂取が欠かせません。アルギニンを摂取することで、成長ホルモンの分泌が盛んになり、成長を助けることができます。

成長ホルモンの分泌は1日のうちで、夜22時~2時までの時間に分泌量が増えると言われています。この間に眠っていないと成長ホルモンの分泌を妨げてしまいます。最近は夜更かしする子供が増えていますが、アルギニンを摂取しても睡眠不足では意味がありません。成長ホルモンの分泌を促進させるためにアルギニンを摂取して、成長ホルモンのゴールデンタイムに眠っている状態を作ることも大切です。

筋肉・骨格の成長を促す

身長を伸ばすには骨の成長に欠かせないカルシウムを摂るのがいいとされていましたが、最近になってカルシウムよりもアルギニンを摂取する必要性も見直されてきています。もちろんカルシウムも骨の成長には欠かせない栄養素ですが、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンは身長を伸ばし体重を増やすのにも欠かせないものとなります。

アルギニンを摂取することで成長ホルモンの分泌を促し、それを筋肉や骨格の成長に役立てるのです。寝る子は育つと昔から言われているのは、ちゃんとした意味があるのです。特に育ち盛りは、成長ホルモンの分泌量により身長や体重も変わってきます。分泌が正常なら成長もスムーズですが、分泌量が少ないと身長が伸びず、体重も増えないなど成長障害を招く恐れがあります。

免疫力がアップする

子供は大人よりも免疫力が低い傾向にあります。これはまだ体が未完成だからというのもありますが、アルギニンは免疫力を高めるのにも役立ちます。アルギニンの摂取により成長ホルモンの分泌を促すとお話しましたが、これは免疫力アップにもつながっていきます。

成長ホルモンの分泌が盛んになれば、内臓の成長にも役立てることができます。細胞を活性化させるので、免疫細胞も活性化します。免疫細胞が活発になれば、免疫力もアップします。大人よりも低いとはいえ、免疫細胞が活発なら自然と免疫力もアップするので病気予防につながります。

免疫力が低いと病気にかかりやすく、回復までに時間がかかります。風邪でもなかなか治らず、症状が重くなりやすいので子供にとっては辛い状態となってしまうでしょう。アレルギーがある子供は、免疫力が下がるとアレルギー症状が出たとき重くなりやすいです。免疫力をアップさせるためにも、アルギニン摂取は欠かせないのです。

疲労回復を助ける

子供でも1日元気いっぱい活動すれば、体に疲労がたまります。夜ぐっすり眠ることでその間にたまった疲労を回復しますが、ここでもアルギニンが役に立ちます。アンモニアは疲労物質の一種で、運動をして疲れたと感じたときは血中のアンモニア濃度が高くなっているという状態です。

運動すると血液中のアンモニア濃度が高くなります。時間の経過とともにアンモニア濃度は少しずつ下がっていきますが、アルギニンを摂取することでアンモニア濃度を下げ疲労回復を助けることができるのです。さらに積極的にアルギニンを摂取していると、運動後に上昇しやすくなるアンモニアの濃度の上昇を抑える働きがあることも確認されています。

子供は普通に生活しているだけでも1日めいっぱい活動すれば、夜には疲れもたまっています。学校以外にスポーツをしている子供なら、もっと疲労が大きくなります。毎日アルギニンを摂取しておけば、疲労回復に役立つので意識して摂取するのがおすすめです。

子供におすすめのアルギニンが多く含まれる食品

子供におすすめのアルギニンが多く含まれる食品
非必須アミノ酸とはいえ、体内で生成できる量は大人でもあまり多くはありません。子供は大人よりも体内生成できる量が少ないのに、成長するためにより多くのアルギニンが必要です。幸いなことにアルギニンは、食事から摂取できます。

子供が健やかに成長するために必要なアルギニンは、1日あたり4gとされています。1食あたり
約1.3gなら普通に食事をしていれば十分補える量です。ただしアルギニンは過剰摂取による副作用があるので、過剰摂取にならないようバランスを考えることを意識してください。子供の成長に役立つ、アルギニンが多く含まれる食品を紹介します。

豆腐などの大豆製品

大豆には豊富なアルギニンが含まれています。豆腐、納豆、油揚げや厚揚げ、おからやきなこ、豆乳、味噌やしょう油、など大豆を使った加工食品からもアルギニンが摂取できます。大豆のままだと食べ方が限られがちですが、加工食品なら食べやすいですし毎日手軽に取り入れられます。

大豆100gには2.5gのアルギニンが含まれています。ただし大豆を100g食べるのはかなり大変ですし、毎日のこととなれば現実的ではありません。加工食品の場合アルギニンの含有量は減りますが、他の食材とのバランスを考えて摂取すればいいから手軽です。納豆は100gあたり0.94g、豆腐は100gあたり0.5gのアルギニンが含まれています。

マグロ・エビなどの魚介類

魚介類にもアルギニンは含まれています。食材の中では魚介類が一番含有量が多いので、毎日の食事に積極的に取り入れるのが理想です。100gあたりの含有量を比較してみましょう。

・エビ1.8g
・鰹節4g
・マグロ(クロマグロ)1.4g
・カツオ1.3g
・サザエ1.4g
これを見る限りでは、鰹節を食べていれば毎日楽々クリアできると思ってしまいそうです。しかし鰹節100gを毎日食べ続けるのは意外に大変です。1つの食材から摂ろうとするのではなく、朝昼晩3回の食事で、合計が4gになるようにすればいいのです。魚の場合は毎日食べ続けるのは難しいでしょう。週に何度か魚を使った料理を取り入れるなど無理をしない範囲で続けてください。

鶏肉・豚ゼラチンなどの肉類

食材の中で最も多くのアルギニンを含んでいるのが、豚のゼラチンです。その量は100gあたり7.9g!50gでも1日に必要な量のほとんどをカバーできます。ただし50gの豚ゼラチンを食べ続けるのも現実的ではありません。料理としては豚の角煮がおすすめです。柔らかく煮れば子供も食べやすいですし、毎日ではなくてもある程度まとめて作っておけば、何日かおかずにできます。

次に多いのは鶏肉です。100gあたりでは、胸肉1.5g、もも肉1.3g含まれていますので、週に何度か鶏肉を使った料理を作ればアルギニンが摂取できます。子供が好きな唐揚げなら、たくさん食べられるのではないでしょうか。タンパク質も摂れるので便利です。

他には牛肉、豚ロースにも100gあたり1.3gのアルギニンが含まれています。肉類は子供も好きなので、いろんなレシピで飽きずに食べられるのがいいところです。ハンバーグや炒め物など子供が喜ぶ料理を作ってあげましょう。

ピーナッツなどのナッツ類

ナッツ類からもアルギニンを摂取できます。子供にはおやつがわりにナッツを食べさせたり、ナッツの入ったお菓子を手作りするのもいいでしょう。種類ごとに100gあたりの含有量を見てみましょう。

・ピーナッツ3.2g
・松の実3g
・松の実2.5g
・くるみ2.2g
・アーモンド2.1g
・カシューナッツ2g
意外にたくさんのアルギニンが含まれています。ただしナッツ類はカロリーが高いので、食べ過ぎはよくありません。くるみならコレステロールゼロだからいいですが、毎日ナッツだけでアルギニンを摂取しようとするのはおすすめできません。他の食材とのバランスを考えながら、時々取り入れるくらいがちょうどいいのではないでしょうか。

アルギニンの摂取方法のコツ・注意ポイント

アルギニンの摂取方法のコツ・注意ポイント
アルギニンは積極的な摂取が必要ですが、摂り方にもいくつかの注意やポイントがあります。子供の成長を考えて摂取するなら、効率よく摂取していきましょう。アルギニンを摂取する際のポイントや注意点を紹介します。

成長ホルモンが分泌する就寝前に摂取する

アルギニンは1日4gを目安にします。食事の栄養バランスを考えて3食しっかり食べていれば、無理なく摂取できる量です。ただし毎日となると子供の成長に必要な期間を考えると、毎日食事だけで補うのはかなり大変です。

足りないときは、子供用のサプリメントで補ってもいいでしょう。子供の成長にアルギニンが役立つことから、子供用のサプリメントも多く販売されています。夜寝る前にサプリメントで足りない分を補うようにすれば、寝ている間に成長ホルモンの分泌を盛んにしてくれます。

子供に過剰な摂取はさせない

アルギニンは子供の成長に欠かせない栄養素ですが、過剰摂取はNGです。たくさん摂れば効果が高まるということはありません。アルギニンは過剰摂取すると副作用があるので、注意しましょう。

まとめ:アルギニンを上手に摂取しよう

まとめ:アルギニンを上手に摂取しよう
アルギニンは子供の成長に必要不可欠の栄養素です。体内生成もされていますがそれだけでは全然足りません。食事で摂取できますので、毎日アルギニンを含む食材を取り入れ積極的に摂取するのがおすすめです。子供に必要なのは1日に4gです。1日3食で4gならきちんと食事をしていれば、無理なくクリアできるでしょう。大人にも必要な栄養素ですから、家族みんなで食事から摂取するよう意識するのもいいかもしれません。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部