【2019年版】文学賞の種類とは?新人賞や歴史ある文学賞の一覧

文学賞とは優れた文学作品・文学者に与えられる賞ですが、その数は把握しきれないほどあります。今回は、そんな中でも公募の新人賞や歴史ある有名な文学賞、2000年以降に制定された比較的新しい文学賞についてご紹介します。

文学賞の種類

文学賞のジャンルは純文学からミステリー、SF、ファンタジーなどに分かれ、出版社主催のものから市区町村主催のものまでさまざま。種類としては、大きく2つに分かれます。

公募の文学賞

1つは公募の文学賞。未発表作品を自分で応募してエントリーする文学賞です。公募型の文学賞は、作品そのものを評価するコンテストもありますが、新人賞も数多く設けられています。新人賞は、作家の卵を発掘し、育てることを目的とした文学賞です。これから、作家になりたいと考えている人向けの賞といえるでしょう。

すでに発表された小説を対象とした文学賞

もう1つは、すでに発表された小説を対象とした文学賞です。すでに小説家として活躍している人が受賞する文学賞であり、有名な直木賞や読売文学賞、近年話題の本屋大賞はこちらに当たります。

新人賞

新人賞とは、賞の中でも、まだ実績のない新人作家に送られる賞。新人賞は受賞して終わりではなく、次の作品に向けて担当編集のサポートを受けられます。これから作家を志す人は新人賞を狙うのが1番の近道でしょう。

新人賞は基本的に公募ですが、新人賞の最高峰と言われる芥川龍之介賞は例外で、若手作家を対象にすでに小説化されている作品の中から選ばれます。