小学生の睡眠時間はどのくらい?睡眠不足にはどんな弊害がある?

小学生の睡眠時間はどのくらい?睡眠不足にはどんな弊害がある?

「寝る子は育つ」と言うように、育ち盛りの子供にとって睡眠時間はとても重要な意味を持ちますが、最近は子供を取り巻く環境の変化に伴って睡眠不足が問題視されているようです。今回は小学生の平均睡眠時間のデータと、十分な睡眠がとれていないと子供はどんな悪影響を受けるのかについてまとめました。

小学生の平均睡眠時間

小学生の平均睡眠時間
小学校に通うようになると、それまでとは違い生活サイクルが変わります。入学前に保育園や幼稚園に通っていた子供なら、ある程度の生活サイクルはできていますが環境が変わると睡眠時間なども変わってきます。

子供にとって眠ることは成長にも重要な意味を持ちます。子供は早寝早起きというイメージがありますが、子供を取り巻く環境も昔と今では大きく変わってきており小学生の平均睡眠時間も変わってきていると言われています。理想とされる睡眠時間と、実際の睡眠時間を見ていきましょう。

低学年:9時間

低学年でもそれなりに体を動かしていれば、夜は疲れて早い時間からベッドに入るイメージがあります。学校が始まる時間や通学の時間を考えても、朝起きるのはだいたい7時くらいでしょう。低学年の理想的睡眠時間は、10時間~11時間とされていますので、遅くとも21時、理想通りなら20時にはベッドに入っていないといけません。

しかし実際の低学年の平均睡眠時間は9時間だと言われています。あくまでも平均ですから、10時間~11時間の睡眠をとっている子供もいますが、全体ではちょっと少ない印象です。

高学年:8時間

高学年になると大分体もしっかりとしてきますし、生活リズムも整ってきます。子供っぽさが抜けきらなかった低学年に比べると少し成長が見られますが、まだ成長途中の子供です。高学年の理想睡眠時間は低学年より1時間前後短い9時間~10時間とされています。

起きる時間は低学年と同じですから、理想の睡眠時間を確保するには夜遅くとも22時にはベッドに入らないといけません。しかし実際の高学年の平均睡眠時間は8時間とされています。

低学年と高学年を見ても、平均で2時間前後理想の睡眠時間に足りていません。これはネットの普及が大きく関係しています。今は小学生でもスマホを持つのが当たり前になっていますし、自室にテレビがあれば遅い時間までテレビを見たり、ゲームをしたりというのが可能な環境に身を置くのも睡眠時間を減らしてしまう原因です。