保活は何から、いつから始める?スムーズに保活を始める方法まとめ

保活は何から、いつから始める?スムーズに保活を始める方法まとめ

出産した後もできるだけ早く仕事復帰したいママや、子どもが大きくなってきて、新しい仕事を始めてみようと思っているママにとって、保活はとても重要な問題です。今回は、初めて保活する人でも分かるよう、保活の基本知識をまとめました。

保活とは

最近、ニュースやSNSでもよく話題になる「保活」ですが、どういう活動なのでしょうか。

「保活」とは、子どもを保育所に入れるために保護者が行う活動のことです。都市部などでは、保育所の入所希望者が定員を上回ることで、入所できない待機児童が増加しており、複数の保育所を併願していたり、入所選考が有利になるよう工夫する保護者が増えていることで、「保活」が注目されるようになってきました。

保育園の種類は1つではない

保育所にはいくつかの種類があり、保活の方法やスケジュールにも違いがあります。保育所ごとに特徴があり、子どもの知育・教育という面から、保育所を選ぶ保護者も少なくありません。保活をより効率的に進めることができるよう、まずは保育施設の種類を紹介します。

認可保育園

認可保育園は、国の定める設置基準(施設の広さ、保育士などの職員数、給食設備、防災設備など)を満たしており、0歳の子どもから預けることのできる施設です。認可外保育園には、市区町村が運営する公立の保育園と民間企業などが運営する私立の保育園があります。保育時間の長さや保育料が比較的安価であることなどから、認可保育園への入園を希望する方がとても多いです。

認可外保育園

認可外保育園とは、国の定める基準を満たしていない施設です。認可外というと好ましくない印象を持つ場合もありますが、夜間保育や休日預かり、企業内保育所など、保護者のさまざまなニーズに答える保育を受けることができるのも認可外保育園の特徴です。

幼稚園

幼稚園は、国の定める基準を満たした、3歳以上のお子さんを預かることができる施設です。保育園とは異なり学校教育法により定めたれた学校になりますので、保育内容も「幼稚園教育要項」に定められた保育が行われます。また、保育時間が約4時間と保育園と比べると短いことも特徴です。

認定こども園

認定こども園とは、国が定める認定子ども園の基準を満たしている幼保一体化を目指した施設です。園により違いはありますが、認定こども園では幼稚園のように3歳以上の子どもに教育を受ける時間が設けられていたり、保育園のように保育時間が約4時間から約8時間まで選べるなど、幼稚園と保育園の機能を一つにまとめたような施設となっています。

小規模認可保育

小規模認可保育とは、0歳〜3歳未満の子どもを定員6〜19人で預かることができる市区町村により認可された施設です。認可保育園よりは施設の設備などが小規模ではありますが、子ども3人に対し保育者1名の配置を基本としています。

認可保育園に入園するための選考基準

認可保育園や認定こども園などの認可の保育施設に入園を希望する場合には、自治体から保育の必要性の認定を受けなければいけません。この認定はいくつかの条件により、認定区分1号〜3号の3つに分けられ、認定区分ごとに利用できる保育施設が異なります。認定区分の条件を確認し、ご家庭がどの認定区分に属するのか、希望する保育施設を決める前に確認をしておきましょう。

  • 認定区分1号
    3歳〜5歳の子どもで、保育の必要性が認められない場合を認定区分1号とします。この場合には、認可保育園への入園ができないため、幼稚園や認定こども園に入園することができます。
  • 認定区分2号
    3歳〜5歳の子どもで、保育の必要性が認められた場合を認定区分2号とします。この場合には、認可保育園と認定こども園に入園することができます。2号に認定されても幼稚園への入園を希望することもでき、その場合には入園の際に1号認定へ変更となります。
  • 認定区分3号
    3歳未満の子どもで、保育の必要性が認められた場合は認定区分3号とします。この場合には、認可保育園へ入園することができます。

また、認可保育園の入園希望者数が定員を上回った時には、入園するための審査が行われます。

保護者が子どもを保育できない時間や頻度などを基準にした「基準指数」と家庭や子どもの状況を基準にした「調整指数」のポイントの合計が審査の対象となります。ポイントが高くなればなるほど、優先的に入園することができます。

同一指数の場合には、「低所得家庭である」「有償でほかの保育施設に預けている期間が長い世帯」「同じ地区内にある保育所を年齢上限により卒園し、継続して保育所に申し込む」など優先される事項もあります。

都心部をはじめとして、待機児童の多い地域では入園の審査から外れてしまうご家庭も多くありますので、まずは基準指数や調整指数の詳細な条件を確認し、ご家庭が審査に通りやすいかどうかも意識しておくといいでしょう。もし審査を通る可能性が低いかもしれないと事前に想定できれば、審査に通らなかった場合の認可外保育園への入園準備や対策が行うことができ、あわてずに保活を進めることができるでしょう。

保活って何をすればいいの?

保育園の情報収集をする

保活をスムーズに進めるためには、最初の情報収集は一つの重要なポイントになります。

まずは自治体の窓口やホームページから保育園案内や保育園の入園申し込みに関する資料を確認しましょう。また、ご家庭の認定区分によっては入園を希望できる施設が異なったり、基準指数・調整指数によっても認可保育園への入園が難しいこともありますので、認定こども園や認可外保育園についても忘れずに調べるようにしましょう。

また窓口に行ったときには、自治体のウェブサイトでは提供されていない情報や自分で情報収集する中で分からないことを聞くことができるチャンスです。昨年度までの認可保育園の選考状況や定員・選考基準に変更状況など、具体的に質問できるといいでしょう。多くの人が保活を始める時期には窓口が混み合うこともあります。できるだけ空いている時間や時期を選んで行くと、ゆっくりと対応してもらえるのでおすすめです。

保育園の見学をする

入園候補とする保育園が決まったら、保育園の見学をすることがおすすめです。保育園の見学をしない人もいますが、入園した後に子どもが生活する場所を確認しておくと、入園後も子どもの生活の様子をイメージしやすくなり、安心して通わせることができます。

保育園の見学を行うときには、子どもと保護者の生活の中に、どのように保育園と関わり合いを持つかイメージできるよう、下記のような内容を確認するといいでしょう。

  • 自宅から保育園まで、保育園から職場まで、のルートや交通手段、所要時間など
  • 園内の施設や雰囲気
  • 先生と園児の関わり方や様子

また上記の他にも、気になることは積極的に質問して、より安心して子どもを通わせることができる保育園であるか見極めることが大切です。

保育園の入園申し込みをする

保育園の地域や種類により、申し込み時に準備する書類が異なるため、入園申し込みに必要な書類は念入りに確認しておきましょう。特に認可外保育園との併願を希望する場合、認可外保育園は施設ごとに手続きが異なりますので、特に注意が必要です。

また、競争率の高い地域では、入園の選考基準となる指数をもとに、認可保育園の入園を希望する保育園を記入することもあるそうです。昨年度の選考基準などもできる限り調べておくことで、入園しやすい保育園を選択しやすくなります。

保活はいつから始めたらいいの?

保活はいつからはじめたらいいの?

出産・仕事復帰の予定から開始時期を考える

入園の手続きに向けた基本的なスケジュールはありますが、出産や仕事復帰の予定から開始時期を決めるのがいいでしょう。

出産後できるだけ早く仕事復帰を目指している方は、出産後ではなく、妊娠を計画したときから、もしくは、妊娠が安定期に入ったタイミングで、保育園の情報収集などできることから始めるのがおすすめです。出産後から始めても遅くはありませんが、希望できる施設への入所が難しくなったり、複数施設への併願が難しくなったり、何よりも出産後にお子さんと一緒に保活をするのはお母さん自身にも余計な負担をかけてしまうことになるので、できるだけ早くから活動を始めるのがベストです。

また、子どもが大きくなり保活を始めるという場合には、認可保育園の申し込み時期になる12月、1月までには、申し込みができるように情報収集や書類の準備を終えておくといいでしょう。認可外の保育園も検討される場合には、施設により申し込みスケジュールや手続きが異なることもありますので、こちらもできるだけ余裕を持って準備を進められるとベストです。

地域によるスケジュールの違いを調べる

認可施設の場合には、基本的に12月、1月が申し込み時期となっている地域・自治体が多いようです。ただ、細かなスケジュールは地域によって差がありますので、お住いの地域・入園を希望する施設のある地域の市役所・区役所に行き、情報を集めるのがおすすめです。

保活をスムーズにするために

地域の保活情報がわかるウェブサイト・アプリを活用

保活について説明してきましたが、保活のカギとなるのが保育園の情報収集です。地域ごとの保育園や幼稚園の情報収集ももちろんですが、認可保育園の申し込みに必要な書類やその手続きは自治体によって異なります。

そのため、市役所や区役所の保育課に問い合わせたり、自治体が配布する案内を読み込んだり、情報収集だけでも時間や労力が必要になることもあります。そのような保護者の負担を少しでも減らすことができるアプリやウェブサイトを活用しましょう。

情報収集を助けてくれるウェブサイト・アプリ

保育園見学など外出時の普段を減らす工夫

保育園見学や役所の窓口への相談など、保活のために外出して用事を済ませなければいけない場面がありますが、お子さんの年齢によっては、一緒に外出することが保護者にもお子さんにも負担になってしまうことがあります。

特に、これからお子さんを預ける保育所の見学には、保護者もとても慎重に見学したり、入園の申し込みに際した説明会がある場合もあり、幼いお子さん連れでは十分に見学を行うことが難しい場面もあるでしょう。

そのような時には、数時間から依頼できるベビーシッターのサービスや一時預かりなど、保護者だけでなく、他の人の手を積極的に借りることも大切です。保活の情報収集と合わせて、お住いの地域で利用できるベビーシッターなどのサービスも簡単に調べておくと、いざという時に安心です。

おわりに

保活の基本やスムーズに進めるための工夫をご紹介してきました。保活に苦労する方も少なくありませんが、まずは家族と相談しながら、今できることから始めてみてください。

参考
保活はいつからがベスト? 情報収集・保育園見学をスムーズに進めるポイント|マイナビウーマン子育て
保活とは?何から始めるべき?保育園の入り方に悩むママへ|キッズライン
保育園「待機児童数」の悲しいカラクリが見えてきた(猪熊 弘子)|現代ビジネス
保活を勝ち抜け!保活の基礎知識~制度・申し込み手続き編~|くらしと仕事

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部