文部科学省の提唱する「豊かな人間性」を家庭でどう身につけるのか

文科省のすすめる「豊かな人間性」を家庭でどう身につけるのか

「豊かな人間性」は、子供が成長していく中で勉強ができるかどうかよりも大切な項目です。文部科学省がどういった定義づけをしているのか、どのように取り組んでいるのか、家庭教育で求められていることは何かについてお伝えしていきます。

「豊かな人間性」とは

文部科学省の掲げる「生きる力」の3本柱の1つ

「豊かな人間性」とは、文部科学省の掲げる「生きる力」の1つです。相手や周りを思いやる心、心の琴線に触れて感動する体験などを「豊かな人間性」としています。そのほか、知識やスキルだけでなく、主体性を持って学び、考え、判断、行動する問題解決能力を「確かな学力」、たくましく生きるための「健康・体力」などと同時に、「生きる力」を身につけることが子供の育成に求められることだとしています。

なぜ「豊かな人間性」が必要なの?

近年、生命の大切さ、周りへの心配り、善悪の判断、公共心の低下を指摘されています。子供たちの放課後の遊び場は公園や家ではなく、「ネットゲームの中」というのも当たり前になりつつあるようです。

バーチャルな世界で友達とゲームを楽しむのは現代の遊び方の1つですが、生身の人間とふれあわず、相手の気持ちの機敏な変化を感じる機会なくして相手を思いやる心を育んでいくことはできるのでしょうか。勉強や課題解決はできても、コミュニケーションを取れない人間が社会で活躍していくのは難しいでしょう。コミュニケーション能力を磨くためにも、子供たちにそのベースとなる心を磨いてもらうことが大切です。

具体的な「豊かな人間性」とは

豊かな人間性を身につけてもらうために、どういった教育が取り組まれているのでしょうか。文部科学省では、豊かな人間性を育成するため「道徳教育」を実施しています。幼稚園では、各分野で総合的に教育を行い、まず道徳性が生まれるようにしています。小・中学校では、週に1時間ある道徳の授業をはじめ、ほかの教科や特別活動、総合学習の時間を活用して、学校教育活動全体で培っていきます。文部科学省では道徳教育の充実のため、具体的に5つのことに取り組んでいます。

  • 「心のノート」の作成・配付
    全国の小中学校に配布している「心のノート」は、道徳的価値を自分で考えるきっかけに、そもそも道徳の内容とは何か、を伝えるために作られた教材です。「心のノート」は、道徳の時間、学校教育活動、家庭など、さまざまなシーンで活用できます。
  • 生徒の心に響く道徳教育推進事業
    特に「生命を大切にする」ことを深め、道徳性を育成するため、現場を活かした指導内容や指導方法、教材開発に関する研究を進めています。道徳面で教員の指導力を高めるため「道徳教育を推進するための中核となる指導者の養成を目的とした研修」などを開催しています。
  • 豊かな心を育てる地域推進事業
    地域団体や機関と連携を取りながら、学校教育を中心として、全国の手本となる教育活動づくりと、その普及を行っています。
  • 伝え合う力を養う調査研究事業
    コミュニケーションや人間関係を円滑にするため教育カリキュラムの研究を行っています。
  • 高等学校・中学校「人間としての在り方生き方を考える教育」実践研究事業
    心の変化を感じる青年期に、生徒が社会や周りの人に注目し、人間のあり方、生き方を考える教育を進めるための実践研究をしています。

参考第1節 「確かな学力」と「豊かな心」を育成し,「生きる力」をはぐくむ学校教育を目指して|文部科学省

文部科学省では、これらに加えてさまざまな取り組みを実施しています。

豊かな人間性を育む学校教育とは

豊かな人間性を育む学校教育とは
豊かな人間性を教育するため、全国の学校でさまざま取り組みが行われています。ここでは、2000年に広島県立教育センターが行った「豊かな人間性をはぐくむ教育の創造に関する研究」より、小・中学校の一例をお伝えします。

小学校の事例

広島県東広島市立板城小学校では、「一人一人のよさを認め合い,心豊かにかかわる児童の育成」というテーマの元に取り組んでいます。具体的には、「総合単元的な道徳学習」で小学4年生を対象に地域との関わりをとおして、地域を大切にし、できることを自らできる意欲を養うことを目的としています。

道徳の授業で、『バスていのごみ入れ』という資料を活用して、ごみの散乱する写真や登場人物の心情について話し合い、自分自身の生活を振り返ってもらいました。そして、地域で毎朝、清掃活動をしている方の話を聞きました。その結果、生徒の体験を基に話し合いをして、生徒同士の関わり合いを深め、狙っていた価値観に近づけることができました。

中学校の事例

広島県大竹市立大竹中学校では、「子どもが自己存在感をもてるようにする教育相談活動」というテーマを設定しました。その中で教育相談プロジェクト委員会の設置、校内教育相談室(リフレッシュルーム)の設置、校外教育相談室の設置などを行いました。

部活動や友人関係で不登校になっていた中学3年生の女子生徒への関わり方を紹介していました。生徒の自己肯定感を高めるメッセージを送り、教育担当者の傾聴をとおして、徐々に関係を作り、体育祭や吹奏楽コンクール、クラスの誕生会などに顔を出すようになり、再登校に至っていないながらも、明るさを得て将来に意欲を持つようになりました。取り組みの成果としては、生徒が周りから自分のありのままを受け入れてもらえたことで、心のゆとりや自己肯定感を得たことが変化につながったとしています。また、担任が生徒のことをクラスメイトたちに話したことで、生徒の心にみんなが仲間であるという心が芽生えていきました。

参考
豊かな人間性をはぐくむ教育の創造に関する研究|広島県立教育センター

家庭教育で豊かな人間性を身につけるには

文部科学省の提唱する「家庭教育のあり方」

家庭教育は、「生きる力」の基礎を育成するための教育の出発点としています。一方、家庭での問題点として、遊びより進学のための勉強を重視するあまり、日常生活でのしつけや感性、道徳観といった本来家庭の役割であるとされるものまで教育を学校側に委ねる傾向があるようです。

だからこそ、家庭では家族で過ごす時間を多く持ち、一緒に生活やアクティビティをできる環境を整えることが大切です。具体的には、週休2日制や年次休暇や育児休暇の取得推進といった親がゆとりを持ち、家庭を大切にできる社会づくりを目指しています。

親は子供をどう教育したら良いのか

親が共働きで食事の時間、休みの日も子供と離れ離れで、子供と過ごす時間を持てていないのが日本の家庭の問題点の1つにあります。子供も大人も忙しい中でも、食事や外出などで子供と接する時間を作っていくべきです。

時間を共有する中で、叱るべきところは叱り、善悪の判断をつけさせ、自分自身で考え、行動する力を育む必要があります。人間性の教育に正解はありません。親が「豊かな人間性」を持った子供を育てるために、まず一緒に過ごす時間を作り、生き方の手本、模範を示してあげてはいかがでしょうか。

終わりに

本来、教育課程の修了を目的とする学校側に、人間的な成長や道徳心の向上まで求められ過ぎているかもしれません。学校側に頼り過ぎることなく、子供との時間を作り、子供の視点に立って教育していくことに家庭全体で取り組む必要があります。

参考
第1節 「確かな学力」と「豊かな心」を育成し,「生きる力」をはぐくむ学校教育を目指して|文部科学省
豊かな人間性をはぐくむ教育の創造に関する研究|広島県立教育センター
第2章 これからの家庭教育の在り方|文部科学省
子どもの豊かな人間性をはぐくむ 家庭教育の支援の在り方|奈良県立教育研究所
豊かな人間性(心)とは|DIVERSITY x CREATIVITY

この記事をかいた人

okamoto

okamoto