帰国子女の大学入試!大学の一覧や偏差値・入試情報をご紹介

帰国子女の大学入試!大学の一覧や偏差値・入試情報をご紹介

日本の国際化が進んでいる昨今、海外に住んでいた家族が日本に帰ってくるということも少なくありません。しかし帰国する日本人家族のうちお子さんのいる家庭も多く、受験や転入手続きなどでどうしていいか分からず困る方もいることでしょう。

このページでは大学入試を控えている帰国子女の方に必要な、試験方法やメリット、デメリットなどをご説明していきます。

帰国子女枠での大学受験の動向

このページでは大学受験を控えた帰国子女のお子さんがスムーズに大学入試を受けるにはどうすればいいのか、入試情報や大学における帰国子女枠についてご説明していきます。

帰国子女枠の入試情報・準備

帰国子女の大学入学は、試験が冬季に限定されているわけでもなく、どこかしらの大学でいつも行われています。また一般の受験とは区別されているので、一般受験者と同じ勉強をする必要はありません。大学によって見られるポイントが異なるので、事前に調べてから必要な情報を持って入試に臨みましょう。

また英語力や日本語の読解力も必要になります。あらかじめ準備をしておくといいでしょう。

帰国子女枠の受験資格

帰国子女枠での入試は大学によってさまざまですが、大学側は英語力と同時に大学で学ぶに値する学力を持っているかを見ています。英語力ではSAT Reasoningをはじめとする統一テストの提出が必要なほか、学力では小論文や面接などで査定されます。文系か理系かによって多少の違いがあることにも留意しておきましょう。

英語力を判断するSATは、日ごろ英語に慣れ親しんだ外国の方でさえ長期間の勉強を必要とするテストなので、最低でも1年半はテスト対策をしておきましょう。

また小論文はもちろん日本語なので、日本語の読解力を養っておくといいでしょう。

帰国子女が抱える不安

日本へとやってくる帰国子女の中には一般の学校になじめるか不安に感じている人も少なくありません。自身の日本語能力や学校での学習内容、友人ができるかなど、見知らぬ人に囲まれながら新しい生活を始めるにあたって不安を抱えているのです。

大学入学への勉強も大切ですが、こういったメンタル面の不安を和らげ万全の状態で試験に臨む環境を整えるのも必要なのです。

参考
帰国子女大学入試の説明 | ena国際部
帰国子女の学校適応支援の現状と課題-帰国子女と教師の調査を通して-|秋田大学

帰国子女枠がある大学の偏差値ランキング

数ある中から帰国子女を受け入れている一部の大学をランキング形式でご紹介します。ご自身が大学を受ける際の参考にしてみてください。

関東で帰国子女枠受験ができる大学(偏差値・難易度順)

大学名 区分 偏差値
東京大学 国立 75.7
一橋大学 国立 71.5
東京外国語大学 国立 70.5
慶應義塾大学 私立 70.2
早稲田大学 私立 69.3
国際基督教大学(ICU) 私立 68
上智大学 私立 66.3
筑波大学 国立 64.5
立教大学 私立 64.5
明治大学 私立 63.9
中央大学 私立 63
東京理科大学 私立 62.8
青山学院大学 私立 62.6
横浜国立大学 国立 62.6
お茶の水女子大学 国立 62.5
学習院大学 私立 60.6
法政大学 私立 60.2
津田塾大学 私立 56.0
東洋大学 私立 55.0
日本大学 私立 54.4

関西で帰国子女枠受験ができる大学(偏差値・難易度順)

大学名 区分 偏差値
京都大学 国立 74
大阪大学 国立 68.2
同志社大学 私立 64.5
立命館大学 私立 60.3
関西学院大学 私立 60.2
関西大学 私立 58.9

それ以外の地域で帰国子女枠受験ができる大学(偏差値・難易度順)

大学名 区分 偏差値
東北大学 国立 66.0
九州大学 国立 66.0
北海道大学 国立 65.4
国際教養大学 公立 65.0
南山大学 私立 59.4
立命館アジア太平洋大学(APU) 私立 54.0

参考
最新!大学・短大 偏差値情報 2018
帰国子女大学受験の大学・入試対策情報|海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL

1 2