幼稚園の延長保育とは?メリット&選び方のポイントとは

幼稚園の延長保育とは?メリット&選び方のポイントとは

仕事の都合だけでなく子供に早くから社会性を身につけさせようと保育園や幼稚園に入れることを検討している保護者は多いのではないでしょうか。どちらに入れればいいか迷っている方もいることでしょう。保育園は厚生労働省、幼稚園は文部科学省が管轄ということで保育、教育の面で若干違いはあるため、その内容で選択するケース、少しでも長い時間預かってくれることを条件として選択するケースなどその理由はさまざまでしょう。

一般的に幼稚園は保育園よりも預かり時間が短いため、特に共働き夫婦の場合などでは預けにくいという意見が多いようです。しかし、最近では延長保育を実施している幼稚園もあり、預かり時間にそれほど差がみられなくなっています。そこで、幼稚園の延長保育の特徴やメリット、選び方のポイントなどについて解説します。

幼稚園の延長保育の特徴

幼稚園の延長保育の特徴
保育園は対象年齢は0歳から5歳まで、一方幼稚園は3歳から5歳までで年少、年中、年長に別れています。したがって幼稚園の延長保育を検討する場合は、3歳以上であることがひとつの条件となります。基本的な保育時間は、保育園が8:00~17:00、幼稚園は9:00~14:00であり、どちらも送迎バスが利用できることがほとんどです。

基本的な保育時間は保育園の方が長いため初めから保育園に預けるという方もいますが、最近では幼稚園でも18:00頃まで延長保育をしてくれるところも増えており、割増料金を支払えば仕事が遅くなっても延長保育が可能です。

幼稚園の本来の時間外に保育してもらえるシステム

幼稚園の保育時間はおおむね14:00~15:00頃までです。比較的早い時間に終わってしまうため、専業主婦の方にとっては問題なくても働いているママやパパにとっては仕事途中の時間であり、お迎えすらいけないという方も多いでしょう。保育時間は働くパパやママにとってはとても重要なものであり、保育内容などではなく時間だけで預け先を決めるということも少なくありません。

最近では特に私立幼稚園において保護者のニーズに応じた保育環境を整備しようという動きが見られており、本来の保育時間以外に延長して預かりを実施しているところもあります。幼稚園教諭が教育を施すことが目的である幼稚園で保育時間の延長があることで、教育内容から預け先を選びたいという方にとってもメリットの大きいものとなっています。

早朝の延長保育も可能な園もある

朝仕事に行く前のバタバタと忙しい時間に、保育園や幼稚園に子供を送り届けるのは大変なことです。幼稚園では一般的に8:00開園となっているため、その前に園に到着しても開門されるまで待たなくてはなりません。8:00ちょうどに子供を預けてダッシュで通勤して間に合う方はいいでしょうが、それでは仕事に間に合わないという方もいます。

延長保育というとお迎えの時間を遅くすることができるシステムというイメージがありますが、最近では開園時間を前倒しして早い時間から子供を預かる早朝延長保育という制度を導入している幼稚園もあります。朝少しでも早く子供を預けることができれば、早朝出勤も可能になることでしょう。

幼稚園ごとに時間・保育内容が違う

国は女性が活躍する社会、働きやすい環境整備などを掲げてさまざまな法整備、施設拡充などを行っていますが、現状では残念ながらまだまだ子供を持つ母親にとって厳しい状況が続いています。最近では幼児教育の無償化に重点が置かれており、保育園に比べて割高であった幼稚園も無償で利用できるようになれば、これまで以上に幼稚園を選択する方が増えることでしょう。

しかし、利用料が無料になっても肝心の保育時間が短いままであれば安心して共働きできません。延長保育を行っている幼稚園は現状ではまだそれほど多くなく、幼稚園によって延長時間に差があります。また、延長保育でただ預かる園と教育プログラムを実施する園に分かれることもあります。

幼稚園の延長保育のメリット

幼稚園の延長保育のメリット
幼稚園の延長保育が利用できる最も大きなメリットは、親が働いていなくても利用が可能であるということです。超高齢化社会を迎え、子育て世代で実の親や義理の親を介護しなければならない方も増えています。家事、育児、に介護が加わるため少しでも時間を有効に使いたいと考えるのは当然のことでしょう。

保育園は子供の世話ができない親に代わって保育することがメインとなりますが、幼稚園は幼稚園教育を実施することに大きなねらいがあります。幼稚園の延長保育を利用すれば、延長時間内でも教育を受けることができ、小学校へのスムーズな橋渡しができるでしょう。

幼稚園の教育も受けられる

幼稚園では、基本的生活習慣やモラルなどを身につける教育のほか、体力作りや音楽、読み聞かせや紙芝居、などさまざまなジャンルで教育が施され、その集大成として発表会も行われます。幼稚園独自のカリキュラムや方針に沿って教育が行われることも少なくなく、独特な教育方針にひかれて幼稚園を選ぶという保護者も少なくないようです。

ほとんどの幼稚園では基本的な退園時間が過ぎた後の保育では、子供に自由に過ごさせることが多いようですが、なかでは延長時間内にも教育的プログラムを組んで取り組ませているところもあります。

おやつや食事の提供もしてもらえる

現在では私立幼稚園の8割、公立幼稚園の約半分の割合で延長保育を実施しています。幼稚園で提供される食事については、基本的な保育時間内のおやつや昼食に限られており、延長保育時間ないに補食が必要な場合は自宅から持参するのが一般的です。

しかし、なかには別途料金を支払うことで延長保育時間中のおやつや食事を提供してくれるところもあります。仕事で夕食の時間が遅くなってしまう際に、子供にお腹を空かせたまま待たせないで済むのでとても助かります。

小学校での学童に移行しやすい

幼稚園は文部科学省が管轄しており、指導に当たるスタッフは幼稚園教諭という教員の資格を持っています。子供の発達段階に合わせて教育をほどこすことに重点を置いており、園によってはひらがなや数などの学習を取り入れているところもあります。また、脳や耳が柔軟で吸収しやすい時期を活用して英会話教育に力を入れているところもあります。

就学前に基本的な生活習慣だけでなく、先生の話を集中して聞く、友達と仲良く過ごす、ひらがなで名前を書いたり時計が読めたりするようになる、などの教育が実施されていれば、小学校に入っての勉強もスムーズに進むだけでなく、放課後の学童保育への移行も意識せずに行うことができるでしょう。

延長保育で幼稚園を選ぶときのポイント

延長保育で幼稚園を選ぶ時のポイント
幼稚園には公立、私立の別がありますが、子供の保育、指導に当たるのは教員としての資格を持つ幼稚園教諭であり、園によって教育レベルに大きな差ができるということはないでしょう。幼稚園独自の教育方針や重点教育プログラムなどがあるため、その特色から幼稚園を選ぶこともおすすめです。

延長保育の観点から言えば、延長保育が可能な時間、その間の食事の提供や教育内容、などが選ぶ条件になることでしょう。そのほかにも延長保育で幼稚園を選ぶ際のポイントについて説明します。

習い事を受けられるかどうか

延長保育では子供に自由に遊ばせたり、絵本や折り紙、ゲームなどを与えたりすることが多いものです。また、室内遊びだけでなく外遊びもさせてくれるところもあります。なかには、単に子供の預かり時間を延長するだけでなくその時間を有効に活用して自宅ではできない体験や習い事を取り入れているところもあります。

別途料金を支払うことで、スポーツ教室、音楽リトミック、英会話、習字、バレエなどを実施している園もあります。延長保育の時間を有効に利用できるだけでなく、幼稚園とは別に幼児教室や習い事に通う手間も省くことができます。

延長保育専用の部屋があるかどうか

基本的に予知園では、年少、年中、年長の発達段階別にクラス分けして、それぞれに担任教諭がついて教育、保育を実施しています。幼稚園の規模にもよりますが、複数の園児が走り回ってもいいように余裕のあるスペースで教室が区切られていることがほとんどです。

延長保育の際には、いずれかの教室に年齢の別なくひとまとめに集めて面倒をみることが一般的です。しかし、なかには一般の教室とは別に延長保育専用の部屋を設けて、備品や設備を充実させているところもあります。

昼寝ができるかどうか

幼稚園の延長保育は園によって延長時間が異なりますが、一般的には18:00頃となります。園児は遊びや勉強、習い事など、園や保護者の教育方針によってさまざまな活動を行いますが、朝から登園している子供には長い時間となります。

幼稚園では午睡の時間が設定されていますが、延長保育では日中の疲れがどっと出て寝込んでしまうこともあります。延長保育で子供が眠たくなったときに昼寝ができる環境が整っているかどうかも子供の健康状態を気遣う親であれば気になるところでしょう。

まとめ:延長保育の内容で幼稚園選びをしよう

延長保育の内容で幼稚園選びをしよう
仕事や家庭の事情で保育園や幼稚園に子供を預けるという家庭は少なくありません。幼稚園は親が仕事をしていなくても子供を預かってくれるだけでなく、学校教育法に基づいた幼稚園教育を実施してくれる施設です。

最近では幼稚園の延長保育も充実しており、早朝、夕方の預かりや食事、おやつの提供、さらに、延長保育時間を活用して習い事ができるところもあります。子供を集団生活に慣れさせて小学校へとつなぐことができること、親が安心して働いたり家事などをしたりすることができることからメリットが大きいと言えるでしょう。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部