褒めることが子供に与える影響と上手に褒めるための5つのコツ

褒めることが子供に与える影響と上手に褒めるための5つのコツ

子供の成長を喜ばない親はおらず、何かができるようになったりしたときには目いっぱい褒めてあげたいと思うのが親心。しかし、親としては「褒め過ぎると変な自信を持つようになってしまうかも……」と心配になったり、「あまりにも褒めないと、自信をなくしてしまうかな……」など、「褒めるポイント」を見つけるのが悩みにもなるでしょう。褒めることで子供にどんな良いことがあるのか、またどのような褒め方をすると子供に良い影響があるのかを解説していきます。

「褒める」ことが子供に与える影響

「褒める」ことが「子供にとって良さそう」と認識している人は多いと思います。その「良さそう」というのは、実際に子供にとってどのような影響を及ぼしているのか解説します。

「褒める」と脳で起こること

人間にとって「褒める」ことは、実は脳にとって良い影響があることが研究によって分かっています。

アメリカの脳卒中リハビリの研究者であるブルース・ドブキン教授らの、脳卒中の患者179名を対象にした調べた研究では、歩行するリハビリの際に「褒められた」グループの患者は、「褒められることがなかった」グループの患者よりも歩くスピードが大幅に速くなり、リハビリの効果が出やすいことが分かっています。

人間の脳には「報われる」ことに反応する「報酬系」というシステムが備わっています。何かの欲求が満たされたときに「報酬系」は活性化してドーパミンと呼ばれる物質が出ています。ドーパミンによって、人間は「気持ち良い」感覚を得ることができ、脳の構造を変化させているのです。

参考
International Randomized Clinical Trial, Stroke Inpatient Rehabilitation With Reinforcement of Walking Speed (SIRROWS), Improves Outcomes

物事に挑戦したり意欲的に取り組む気持ちが育つ

上記のように「褒める」ことは人間の脳に変化をもたらします。では、子供を「褒める」ことで得られる変化にはどのようなものがあるのでしょうか?

その1つ目が「やってみたい!」「挑戦してみよう」と物事に前向きに取り組む気持ちが育つことです。2000年に発表された「Mastery motivation and self-evaluative affect in toddlers: longitudinal relations with maternal behavior.」という研究では、24ヶ月の子供と母親のコミュニケーションを観察した後、子供が36ヶ月に達した段階でとある課題を与える実験をしています。その結果、子供が24ヶ月のときまでに母親からよく褒められていた子供の方が、自信を持ち、意欲的に難しい課題をやり抜いています。

「褒める」ことは子供を「認める」ことにつながり、失敗しても「認められた」経験を積んだ子供は、次からも失敗を恐れずに物事に取り組んだり、チャレンジしていく気持ちを持てます。

子供の自己肯定感が育つ

また、「褒める」ことで子供の自己肯定感が育っていきます。自己肯定感とは、子供が周囲の人々との関係を築いていく中で「自分にはできることもできないこともあるけど、何ができてもできなくても、自分には生きている価値がある。自分は自分として生きていて良いんだ」と思えることです。

この自己肯定感は子供を褒めて認めることで育っていきます。上記で解説した「失敗してもチャレンジしてみよう」と思えるのは、この自己肯定感が根底にあるからこそ持てる気持ちとも言えます。

これはダメ?子供に対するNGな褒め方

子供を褒める際にはポイントや褒め方に気をつけないと、それが逆効果になってしまう褒め方もあります。

結果や成果のみを褒める

子供が挑戦したという気持ちや努力した過程を無視して、結果や成果ばかり褒めてしまうのは良くない褒め方と言えます。結果ばかりを褒めていると「とにかく結果を出さなくちゃ」と子供は「良い子症候群」になってしまう可能性があります。

頑張りや努力は子供自身が行えることですが、結果や才能はコントロールできるものでありません。子供にとっては「頑張っても必ず結果が出るかどうか分からない」というものを褒められても、「次もがんばるぞ!」という気持ちを得ることはできないのです。

他人と比較して褒める

「○○ちゃんより上手にできたね」「友達の中であなたが1番よ」など、誰かと比較して褒めてしまうのも良くない褒め方です。

「他人と比較してすごい」という褒め方を続けてしまうと、「誰かに勝てば褒めてもらえる」「勝つことが良いこと」という考えが子供に定着してしまい、他人に対して優越感を抱いたり、結果が出なかったときに自分を卑下し始めるようになってしまう可能性があります。これでは自己肯定感を育むどころか、劣等感や競争意識ばかりが先行してしまう子供になってしまう場合があります。

簡単なことも褒め過ぎる

褒めることは良いことではありますが、むやみやたらと褒め過ぎることも良くありません。ポルトガルにあるポルト大学が2014年に発表した「The Relationships between Intrinsic Motivation, Extrinsic Motivation, and Achievement, Along Elementary School」という研究によると、子供は自分が容易にできることについて褒められることが続くと、意欲や情熱を持って取り組んでいたいことに対しても興味を失ってしまう場合があるそうです。

どんなことでも褒めれば良いという訳ではなく、子供を褒めるにはタイミングや褒めるところを見極めて行う必要があります。

子供を褒める5つのコツ

子供を褒める5つのコツ
それでは、子供を褒める時にはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか? 子供を褒めるための5つのコツをご紹介します。

子供が努力している過程を褒める

大人になって仕事を始めると、結果や成果が評価されるようになるのは当然のことです。しかし、子供のうちから結果ばかり褒めていると、前述したとおり良い影響がありません。

子供を褒めるときは、結果や成果ではなく「努力している過程」や「チャレンジしようと思った気持ち」を褒めてあげるようにしましょう。もし失敗に終わってしまったとしても、「よくここまでやり抜いたね」「ずっと頑張っていたのを見てたよ」など声を掛けてあげることで、子供は「今回は失敗してしまったけど、またチャレンジしてみよう」と未来のことについて前向きに捉えることができるようになり、「失敗してしまった自分はダメな人間だ」などと思わずに済みます。

具体的に褒める

親がどんなに「すごかったよ」「よく頑張ったね」と褒めてあげても、「いったい何がすごいと思ってるの?」と、子供にとっては褒められている実感が湧かない場合があります。そこで、子供を褒めてあげるときは単に「よくやった」「すごい」などの言葉のみでなく、より具体的にどのような点がすごいのか、良かったのかを伝えてあげるようにしましょう。

「毎日学校から帰ってきてから、コツコツ練習していたものね」「失敗してしまったときも、次に何をすべきかを考えて工夫していたところが良かったよ」などと伝えると、子供は「ちゃんと見ていてくれたんだ」という安心感も持つことができ、「こうやって頑張ることは良いことなのか」と褒められていることをより深く理解することもできます。

その場ですぐに褒める

子供を褒める時は先延ばしにせず、「ここは褒めるポイントだ」と思ったときにすぐ褒めてあげましょう。子供は記憶力も発達段階にあります。もし褒めてあげたい事象と、実際に褒めてあげたことにタイムラグがあると、「自分はいったい、何について褒めてもらっているのだろう?」とせっかく褒められているのに、その恩恵を十分に受けることができません。

「褒める」ことは鮮度が命です。子供を褒めてあげたいと思ったときは、なるべくすぐに行動に移し、言葉にして伝えてあげるようにしましょう。

会話の中でさりげなく褒める

「褒める」というアクションだけを行うのではなく、子供との日々の会話の中でさりげなく褒めてあげることも取り入れてみましょう。「今日の学校はどうだった? 国語のテストで100点だったの? 昨日ちゃんとドリルで復習していたものね、偉いわ」など、大げさに褒める訳ではなく、日々のことについてさらっと褒めてあげましょう。

子供も親が大げさなアクションをせず、会話の中でさらっと褒めてくれることで、褒めてもらえたことを受け入れやすくなるでしょう。

「ありがとう」と感謝を伝えるのも褒めるのと同じ

子供がお手伝いをしてくれたり、誰かに親切にしてあげたりするのを見たときには、すかさず「ありがとう」「とても助かったよ」など、子供にきちんと感謝の気持ちを言葉にして伝えましょう。

親から感謝の気持ちを伝えられると、子供は褒められたときと同じように「自分は認められた」と感じることができます。同時に、人に感謝したり、されたりする気持ちについても理解することができます。「なかなか子供を褒めるポイントを見つけるのが難しい」と思っている方は、まず手始めに「子供のしたことに感謝の気持ちを必ず伝える」ことから始めることも良いでしょう。

終わりに

子供を褒めるのには何点か気をつけたほうが良いポイントもありますが、上手に褒めることができれば子供の心が健やかに育っていくのを助けることができます。褒めるところを日々見つけてあげることで、子供の成長を一緒に感じながら親も成長していけるでしょう。

参考
International Randomized Clinical Trial, Stroke Inpatient Rehabilitation With Reinforcement of Walking Speed (SIRROWS), Improves Outcomes|Neurorehabil Neural Repair.
Mastery motivation and self-evaluative affect in toddlers: longitudinal relations with maternal behavior.|Child Development
The Relationships between Intrinsic Motivation, Extrinsic Motivation, and Achievement, Along Elementary School|Procedia – Social and Behavioral Sciences
【教育研究家に聞く】子どもの「褒め方・叱り方」とは?「自己肯定感」を育むコツとは!|ウチコト
上手に子どもを褒めて、自信をつけてあげよう!|ベネッセ教育情報サイト
子供が伸びる上手な褒め方!「スゴイね、偉いね」だけじゃダメ|Mama Gyutte
褒め上手はモテる!人間関係もうまくいく「ほめる」の効果が素晴らしすぎる!|LIGHT UP

この記事をかいた人

ニーガタのオーモリ