子供が学級委員長に!?学級委員長のメリットや必要なサポートとは ( 2 )

【ケース別】親から子供に対してできるサポート

【ケース別】親から子供に対してできるサポート
学級委員長の選任について、親御さんが子供に対してできるサポートにはどういったものがあるでしょうか。いくつかケース別にお伝えします。

自分から学級委員長になりたいと言ったとき

子供が意欲的に学級委員長を目指したいという場合は、まず学級委員長に選ばれるためのサポートをしてあげるのはどうでしょうか。学級委員長に選ばれるのは、「友達が多い」「成績がいい」「運動が得意」「世話好き」「話すのが上手」といったタイプです。

また、「自分の意見を言える」「人の話を聞ける」「積極的に行動できる」「物事を最後までやり遂げられる」といった性格的特徴を持っています。子供の適正を見極めながら、子供の主体性を尊重して、親御さんは背中をそっと押してあげましょう。

推薦やくじ引きで学級委員長になったとき

クラスの状況によっては、子供が望まず学級委員長に選ばれてしまうこともあります。クラスメイトの推薦や多数決、先生からの指名、くじ引きなどで学級委員長になった場合は、「やらされ意識」「義務感」を抱いてしまうかもしれません。親御さんは、子供の様子を注意してみてあげましょう。

「嫌々やっている」「学校生活にプレッシャーを感じる」「負担になる役割がある」などの悩みを持つかもしれません。学級委員長を担っていることを褒めつつも、悩みを持っていればうまく解消してあげましょう。