家庭で実践!子供の家庭教育ファーストステップ

家庭で実践!子供の家庭教育ファーストステップ

「意欲的な子に育ってほしい」「勉強することが好きになってほしい」など、子供に願うことはさまざまですが、実際に何をしてあげられるのだろうか? と思うと、分からず止まってしまう人もいることでしょう。まず、どんな家庭でも実践することができる、子供の教育について考えます。

家庭でできる“子供の教育”とは?

家庭での「教育」は必要?

年長児に「生活習慣」「がんばる力」「言葉」の3つの力が身についている子ほど、小1で自ら進んで学ぶ力を持っている、という調査結果があります。

こういった情報を見ると、我が子にも何か教育を始めないと! という気持ちになるかもしれません。文部科学省のホームページでは、家庭での教育について次のようにまとめています。

家庭教育は、すべての教育の出発点。
家族のふれ合いを通して、子供が、基本的な生活習慣や生活能力、人に対する信頼感、豊かな情操、他人に対する思いやり、基本的倫理観、自尊心や自立心、社会的なマナーなどを身につけていく上で重要な役割を果たしています。

(引用元:家庭教育ってなんだろう?|子供たちの未来をはぐくむ家庭教育

教育という言葉にすると、読み書き、そろばんなどの習い事をイメージする人もいるかもしれませんが、人としての生きる力をはくぐむことを「家庭での教育」ととらえているのです。

確かに塾や習い事に行ったとしても、その時間は生活の中のほんの一部。未就学児であれば特に、家庭の中で家族と過ごす時間・家族から得られるものが圧倒的に多いと言えます。このことからも、家庭で過ごす日常の中で子供の教育を意識することの大切さが分かります。

また、教育機関が実施する教育は、集団に向けたカリキュラムにのっとったもの。子供が「なぜ?」に一緒に向き合い知的好奇心を満たしてあげることや、子供が「やってみたい」と思うことを子供のペースに合わせてサポートをしてあげることなど、家庭でしかできない部分も大きいと言えます。

そしてそのような親と子供との関わり方は、就学後の子供の学習態度にも影響を及ぼすという調査結果もあります。このことからも、家庭での教育を実践することは必要であると言えます。

参考
幼児期から小学 1 年生の家庭教育調査・縦断調査|ベネッセホールディングス

家庭で実践したい「教育」の第一歩は“生活習慣”

それでは実際には、どのようなことを家庭教育として実践できるのでしょうか。

子供のすこやかな成長のため、文部科学省が主導して「早寝早起き朝ごはん」という運動が実施されています。これは早寝早起きをすることと朝ごはんをしっかりと食べること、という2つの点が、子供の学力の差に影響を及ぼす要素となっているという調査結果によるものです。教育委員会の実施する調査で「睡眠と学力」「朝ごはんと学力」の相関性が確認されているのです。

今日からできる家庭教育の第一歩、それは子供の生活習慣を整えてあげることです。早寝早起きができていること、ごはんを3食、特に朝ごはんを食べていること。この2つは、家庭で実践する「教育」のファーストステップであると言えます。

今日から実践!家庭で“子供の教育”を始めよう

早寝早起きの習慣をつける

ビジネスマンが夜に残業をするのではなく朝早くに出勤する、という風にサイクルを変えると業務効率が上がった…のような話を多く耳にするようになりました。「早起きは三文の徳」ということわざがあるように、早起きはいいことだということはイメージとしてはあるかと思いますが、早起きがいい、ということの根拠は脳科学の側面からも明らかになっています。

人の体内時計の1日は24時間ではなく、それよりも長いことが分かっていますが、朝の光と夜の光が体内時計に働きかけて、地球時間とのズレを補正しています。もしも早寝早起きの逆、つまり夜ふかしや朝寝坊が習慣化してしまった場合、地球の時間に対して体内時計が慢性的な時差ボケの状態となってしまうのです。

そのような状態が続いてしまうと、就学後はもちろんのこと、日中にさまざまな刺激を受ける就学前の時期の成長にも、日中の活力が落ちるなどの悪影響が出てしまうでしょう。

朝ごはんを食べる

朝ごはんを食べているかどうかも、子供の学力の差に影響が出るという報告があります。朝ごはんを食べることで、眠っている間にエネルギーを消費した脳に対し、脳の活動源となるブドウ糖を与えることができます。脳を活性化させた状態で、日中を過ごすことができるのです。夜ふかしをしがちな子供ほど、目覚めが悪いのか朝ごはんを抜きがちになるという調査結果もあり、先に述べた早寝早起きの習慣の大切さが分かります。

ただし、寝さえすればいい、朝ごはんを食べさえすればいいということではなく、睡眠と食事を生活リズムのバロメーターとしてとらえ、遊びや会話といった活動全般の質を高める良いサイクルを作っていく、ということが重要です。

参考
生活習慣の乱れは子どもに何をもたらすのか|光文書院

大切なことは“親の楽しむ姿を見せる”こと

大切なことは“親の楽しむ姿を見せる”こと

親の習慣も見直す

ここまで、家庭での教育の重要性と、実践できるファーストステップとして生活習慣をつけるとべきだということを述べてきましたが、忘れてはならないことが「子供は親の姿をしっかりと見ている」ということです。

例えば、残業をするお父さんと子供のコミュニケーションの時間を確保するために、子供の就寝時間が遅くなっていたり、メリハリなくテレビがつけっぱなしになっていたりなど、良い生活習慣を妨げる習慣はありませんか?

子供の生活リズム形成を優先的に考えたタイムスケジュールを組む。就寝時刻が近づいたらテレビを消し、子供への刺激を減らす。会社でではなく、家で朝ごはんを食べてから出発する。など、親が子供のためにと見せる姿勢も教育の一環だと考えるべきです。家庭教育のスタートをきっかけにして、慣習となってしまってる悪習慣を見直しましょう。

思いつめず、子供と向き合うことを楽しむ

「子供は親の姿をしっかりと見ている」という点では、親自身が生き生きとしているということも忘れてはいけないポイントです。子育ては責任の重い仕事ですが、重かったとしても親自身が親の人生や親の選択を楽しむということを子供に見せることで、自然と家庭での教育につながっていくと考えることができます。

例えば、子供に対しての教育方針が両親ともに納得したものであるか。片方が納得していなければ夫婦間にあつれきが生じ、夫婦仲が悪くなり、一方に不満がたまり愚痴が増えるなど、子供や家庭の雰囲気に悪影響を及ぼしてしまうでしょう。

核家族や共働き家庭が多くなっている現代では、親が抱え込まずに、孤立してしまわないようにするということも大切です。各自治体で随時行っている育児相談会をはじめ、以下のようなサービスも活用しながら、長く続く育児を楽しみましょう。

  • 子育てホットライン 「ママさん110番」 / 日本保育協会

対象:未就学児童全般の育児をしている母親
TEL:03-3222-2120
受付時間:月曜~金曜 AM10:00~PM4:00

  • エンゼル110番 / 森永乳業

対象:妊娠中から就学前のお子さまの育児をしている親
TEL:0800-5555-110
相談時間:月曜~土曜(AM10:00~PM2:00)
※相談目安:30分

生活習慣を見直して、子供の教育を始めよう!

家庭教育は、読み書きそろばんや習い事だけではなくまずは正しい生活習慣を身につけることからスタートします。具体的な学習が始まる前のタイミングの今から家庭で工夫できることを、今の習慣と照らし合わせて考えてみてはいかがでしょうか。

参考
家庭教育が最強 親が人生を楽しむ姿から、子は学ぶ | 加藤エルテス聡志の「Go Beyond the Rules」|日経DUAL
子どもを「伸ばす親」「つぶす親」の共通点5|プレジデントオンライン

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部