大学生のお小遣いの平均は?相場の金額や状況別の現状とは

大学生のお小遣いの平均は?相場の金額や状況別の現状とは

子供が大学に進学すると、家庭の経済状況は今までと一変します。中学・高校と比べて学費や生活費などが大きくなり、家庭では賄えない資金を奨学金を利用して補填している学生も増加しています。

学費だけではなく、気になるのは子供へのお小遣い。大学生になってもお小遣いをあげるべきなのか、あげている場合の相場はいくらくらいなのか、アルバイトを始めたらお小遣いは不要なのか、親としては頭を悩ませる問題でしょう。

今回は大学生のお小遣いに関する現状をご紹介します。大学生のお小遣いについては、子供との話し合いが必須です。現状を把握し、各家庭の状況に合わせたお小遣いについて、きちんとした話し合いができるよう、情報の1つとしてぜひ参考にしてください。

大学生のお小遣い事情

現在の大学生のお小遣い事情は、いったいどのようになっているのでしょうか? 大学生になると1人暮らしをするケースもありますが、ここでは自宅から大学に通う学生のお小遣い事情にフォーカスして、現状を見てみましょう。

自宅生のお小遣いは減少傾向

全国大学生活協同組合連合会によると、自宅から大学に通う学生のお小遣いの平均は、月に約1万4,000円であることが報じられています。

1990年から2002年までは2万円前後でしたが、2016年では約6,000円分の減少となりました。

これは40年前の水準と同等で、大学生の子供を抱える家計の厳しさを表しています。大学進学にあたって多額の費用を必要とするため、家計が圧迫されているのが現実だと言えます。

大学生のお小遣いの使い道

大学生のお小遣いの使い道は、貯金・食費の割合が最も多いという結果が報告されています。携帯電話代や交通費などを親が負担しているケースが多く、教養娯楽費(ゲーム代・旅行代・習い事の月謝など)が増加傾向にあります。

また日常費として、衣服代や生活消耗品の購入費は年々増加しています。

足りない分はアルバイトで補充

アルバイト収入の平均は3万7,920円で、これは収入の約6割を占めています。6年連続増加傾向にあり、減少しているお小遣いの金額と併せて考えると、お小遣いで足りない部分をアルバイトで補充している実情が見えてきます。また、近年ではアルバイト以外に「マクロミル」や「ECナビ」などのお小遣い稼ぎアプリを使う大学生も増えているようです。

自宅大学生のお小遣い

自宅から大学に通う学生のお小遣いは、どんな傾向にあるのでしょうか? ここでは全国大学生活協同組合連合会の調査をもとに、現状を見てみたいと思います。

最も多い支出は食費

大学生になるとお弁当を持っていくことは減り、飲み会やランチなどどうしても外食の機会が多くなります。そのため、約6万円の収入のうち、食費として1万2,580円の支出があります。

収入の約20%が食費というのは、自宅生ならではの特徴といえるでしょう。親が学費の負担をしている以上、学費以外の部分でかかる費用については、子供自身が負担していることが多いです。食費はその最たるもの、遊興費と捉えている学生が少なくないことを表しています。

アルバイトの就労率は1年生や理系で増加傾向

自宅生のアルバイト就労率は78.2%と高い水準を示しています。今までは就労率が低いとされていた大学1年生や、理系の学生は増加傾向が見られます。

アルバイト代の使い道は、旅行やレジャーなどが28.9%、サークル費用22.5%など、学業とは別の費用に充てていることが分かります。生活するためではなく、自分の自由になるお金を得るためにアルバイトをしていると言えるでしょう。

貯蓄の意識が高まっている

収入に対する貯蓄の金額は年々増加しており、6年前の調査から毎年増加しています。貯金の理由としては旅行などのレジャーが33.5%、将来への蓄えが32.1%となっています。先行きの見えない不安定さや、お小遣いの金額の少なさが影響し、貯蓄に対する意識が高まっています。

大学生のお小遣い・気をつけたいこと

大学生のお小遣い・気をつけたいこと
大学生にお小遣いをあげる場合は、子供とよく話し合い、家計の状況や相場を知ってもらうことも大切です。その上で、気を付けたいことを3つピックアップします。

親子でルールを決める

お小遣いをあげるときは、必ず各家庭でルールを決めましょう。

  • 月々の金額
  • 親と子供それぞれが何の費用を負担するのか
  • お小遣いをあげるタイミング
  • アルバイトの有無

などをきちんと話し合うことで、ルールにそってお小遣いをあげることが大切です。学費や交通費・教科書代などは親が出す、携帯代や外食代・レジャーの費用などは子供が負担するなど、支出面での分担をハッキリさせておいてください。

アルバイトに関しては、どんな職種でどの程度出勤するのかを親として知っておく必要があります。アルバイト優先になってしまい、学業がおろそかになるのは言語道断です。無理のないスケジュールで計画できているかを子供に確認してください。

収支を把握させる

子供に小遣いをあげるときに、ぜひおすすめしたいのが、収支を把握させるということです。

  • 現在の1ヶ月の収入
  • 自分が負担する費用の1ヶ月の支出
  • これから予定される大きな支出項目

この3点については、子供自身がきちんと把握しておくべきです。親は子供から収支の報告もきちんと受けるようにしてください。

近年問題視されているのが、奨学金の使い方です。奨学金をもらってもほかのことに使ってしまい、いざ学費の支払いというときに払えないという事態も起きているのです。このようなことを防ぐためにも、収支の把握を行い、足りない場合は無理をせず、親に相談させるようにしましょう。

子供に管理させる

お小遣いだけではなく、収支については基本的に子供に管理をさせましょう。理由は、金銭感覚を身につけるためです。

生活をしていく上でどの程度のお金が最低限必要なのかは、大学生にもなれば知っておきたいもの。1人暮らしや寮生活をする子供と比べて、自宅生の場合はお金に疎くなりがちです。

家計簿やお小遣い帳のような記録を子供につけさせ、管理する方法を教えてあげましょう。慣れないうちは面倒に感じますが、記録を残しておくことで管理が格段に楽になります。ただし、過干渉は禁物。あくまでも子供に管理をさせるように、親は見守るだけでいいのです。

まとめ・大学生のお小遣い事情は多種多様

大学生のお小遣い事情は通学形態・私立と国公立・学部・各家庭の状況など、さまざまな要素があるため、一概にこれということは難しいです。大学生のお小遣いは「みんながこうしている」ではなく、子供や各家庭の状況に合わせてどのようにするのかを一緒に話し合ってください。

親としては過度に干渉をしないことと、決めたルールはきっちりと守ることがポイントです。お小遣いをあげるかあげないかは各家庭の判断次第です。親も子供も無理をせずに続けることのできるルールを決めて、楽しい大学生活を送れるよう、サポートしてあげたいものです。

参考

大学生の小遣い、40年ぶり低水準 月1万4千円|日本経済新聞
第53回学生生活実態調査の概要報告|全国大学生活協同組合連合会
大学生のおこづかい、あげる?あげない?|Benesse
大学生のお小遣いの平均が月8万円って本当なの?調べてみた|カレッジナビ

この記事をかいた人

Rie Kato

【職業】 フリーライター 【経歴】 東京生まれ横浜育ち。現在は群馬県在住。 トラック運転手・介護職員・保険外交員を経て、コールセンターの教育係として7年勤務。 専門学校生と小学生、2人の男の子のママ。 【取得した資格】 ・普通自動車第一種運転免許 ・中学校教諭二種免許状(国語) ・訪問介護員1級 【得意な分野】 ・生命保険 ・転職 ・ビジネスマナー ・ひとり親家庭 ・金融 【休日の過ごし方】 ・朝から掃除と洗濯!(家の中がスッキリするとテンションが上がる性質) ・バスケットボール(息子と勝負!)